ある日突然ワキガに!後天性のワキガの原因と対策

ある日突然ワキガに!後天性のワキガの原因と対策

鉛筆の芯のようなニオイ、湿った洗濯物のくさいニオイなど、ワキガのニオイとして例えられるのはどれも本当に鼻をつまみたくなるようなものばかりです。

そんなワキガ、実は自分でも気づかない間にニオイをふりまいてしまう後天性のワキガもあります。

それまではまったくワキガ独特のニオイを感じることがなかったという人も後天性のワキガに悩まされてしまう。なぜ後天性のワキガが起こるのでしょうか?

後天性のワキガとは?

ワキガは、いわずと知れた体臭に関する大きな問題です。

通常の脇汗は、気温の上昇によって出てくるのですが、ワキガの人の場合、たとえエアコンがついた快適な室内にいても緊張やストレスで脇汗が出てしまい、その後独特のニオイへの変化してしまいます。

そんなワキガは、元々生まれもった体質のひとつです。

そのため、突然後天性のワキガを発症するという人は、残念ながらに元々ワキガ体質であったことが言えます。

なぜ突然後天性のワキガを発症してしまうのでしょうか?考えられる原因について説明します。

後天性のワキガを発症する原因

後天性のワキガは、生活習慣が変わることで突然発症するケースが多いです。

また、年齢が進むにつれ女性の場合はホルモンバランスの乱れが原因となり、男性の場合は加齢により体臭がきつくなりやすい傾向があり、自分でも気づかない間に後天性のワキガによる激臭を周囲に振りまいてしまうことが予測されます。

以下の要因が、後天性のワキガを発症する原因となります。

  • 食生活の変化
  • 加齢
  • 疲労の蓄積
  • 運動不足
  • タバコを吸うようになった
  • デオドラント商品によるニオイ増加

最近ニオイが気になる・・・後天性のワキガのチェック方法をご紹介

  • お風呂前の洋服から独特のニオイがする
  • 衣服の脇部分に染み付きや黄ばみを発見
  • 耳掃除はめん棒でなければダメ

上の3つの内、1つでも当てはまる場合は、残念ながらにワキガの可能性大と判断できます。

後天性のワキガの場合は、それまでまったくワキガ独特のニオイを感知しなかったという人でも、突然、上にあげた変化を感じることになります。

特にめん棒を使い耳掃除をするというのは、昔から行っている行為のはずです。

後天性のワキガの場合、体質的にはワキガの要素があったにもかかわらず、何らかのきっかけで突然独特の悪臭を放つようになりますが、今すぐできる対策をとることで、後天性のワキガによるニオイトラブルを軽減できますので、さっそくできるところから意識改革をしていきましょう。

後天性のワキガだからこそ、やるべき対策!

後天性のワキガだと判明したなら、まず始めるべき対策をご紹介しますので、できるところから始めてください。

抑えるべきポイントは以下の4つです。

  1. 食生活の見直し
  2. できる範囲で運動習慣を意識する
  3. お風呂上りには常にデトランスαを
  4. ワキガを気に病まない!

後天性のワキガの場合、一番の原因は生活習慣の変化です。

特にチーズや牛乳などの乳製品やステーキにから揚げといった飽和脂肪酸を溜め込んでしまう食べものばかりを食すようになると、後天性のワキガの症状が出やすい傾向にありますので、和食への切り替えをおすすめします。

さらに運動不足もベタベタ汗の原因となり、後天性のワキガによる脇汗のニオイがひどくなりやすいため、時間に余裕があるときは、一駅分歩いてみる、週末は積極的にスポーツを楽しむといった工夫をしてみてください。

そして、後天性のワキガを少しでも早く改善するためには、即効性が期待できるデトランスαで脇汗をしっかりと予防することも大切です。

特に後天性のワキガの場合、急にくさいニオイを放つようになった自分に対し、ストレスを感じることが多いのですが、ストレスはワキガ体質の人にとって大敵です!

ほんの数滴の使用で驚くほど脇汗やワキガ臭軽減が期待できるデトランスαなら、後天性のワキガを発症したばかりの人でもストレスを溜めることなく生活習慣の見直しができますので、ぜひ一度使ってみてください。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。