ワキガ手術の種類

ワキガ手術の種類

ワキガ臭に悩まされる人の中には、あまりにもひどいニオイのため、手術を考えることもあるかと思います。効果や費用などを含め、様々な方法の中から選ぶことができるのですが、まずは一般的に知られている方法を調べてみました。皆さんもぜひ参考にしてみてください。

手術の目的

ワキガ臭の原因は、アポクリン腺です。アポクリン腺は、皮脂を多く含む汗をかく汗腺ですので、ベタベタした汗が出てきます。その汗に含まれる皮脂は、皮膚表面に存在する常在菌のエサとなり、ワキガ独特のニオイを放つことになります。このアポクリン腺を直接取り除く方法が、手術です。ワキガ臭が気になる方にとっては、もっとも効果の高い方法となります。

直視下手術法と非直視下手術の2種類があり、内容が異なってくるようです。

直視下手術法

切除法

ワキガ手術の原点とも呼べる昔取り入れられていた方法です。ワキの皮膚を、すべて切り取り、傷口部分を縫い合わせるという方法です。

皮膚を切り取る際、皮下組織まで切り取ってしまうため、術後には、皮膚が突っ張る感覚もありますし、神経や血管への圧迫などの後遺症もあったようです。また、切り取る部分が大きいため、傷跡も大きい上に、術後は1、2週間ほどの入院が必要であったようです。

考えるだけでも恐ろしいこの手術は、デメリットも大きいため、現在ではほとんど行われていません。

剪除法(せんじょほう)

「切除法」に替わり現在多くのクリニックで取り入れられている直視下手術法です。

ワキの皮膚をそのまま残した上で、皮下組織のみを除去していきます。術後には「タイオーバー法」という傷口をきちんと固定する処置を行うため、従来よりも傷の突っ張りなどは少なくなっているようです。

剪除法のデメリットとしては、アポクリン腺を直接目で確認することなく、おおよその目安で除去するため、まばらに残ってしまうこともあるようです。

直視下剥離法

直視下手術法の中で、もっとも効果の高い方法になります。

「剪除法」とは異なり、皮膚・脂肪層・アポクリン腺を目で確認しながら、はがしていくので、アポクリン汗腺の摘出がスムーズ且つ、取り残しの可能性も非常に少なくなっているようです。

また、傷跡もワキのしわとそれほど違いがないため、目立つ心配もないようです。
直視下剥離法のデメリットとしては、手術時間が長くなってしまうことで、最低でも1時間はかかってしまうようです。

非直視下手術法

医師

皮下組織吸引法

ワキの下に1センチ程度の穴を開け、カニューレと呼ばれる細い管をいれ、アポクリン腺・脂肪腺・エクリン腺を吸い出す方法です。

美容整形のひとつでもある脂肪吸引のようなイメージをすれば、分かりやすいかと思います。

傷跡が目立たないというメリットがあるのですが、アポクリン腺の取りこぼしだけでなく、汗腺の根元部分が残ることで、ワキガ再発の可能性もあるようです。

超音波吸引(治療)法

「皮下組織吸引法」を改良した方法と言われており、効果も若干アップしている手術法です。

カニューレと呼ばれる細い管をワキの下に入れる代わりに、超音波を使いワキの下にあるアポクリン腺を破壊し、吸引していく方法です。

デメリットとしては、アポクリン腺をすべて取り除けるわけではない点と、人によっては超音波によるやけどや、皮膚の壊死の危険も伴うことがあげられます。

皮下組織削除法

ワキの下を1センチ程度切開し、専用の器具(かみそりの刃と皮膚を直接押さえるローラーを組み合わせたもの)を使い、切開した部分から直接アポクリン腺やエクリン腺を取り除いていく方法です。

傷口が小さいという特徴があるのですが、術後は1週間程度ワキを固定し、傷の回復を待つ必要があるようです。さらに医者の技術力によって、最悪の場合、器具の操作ミスによりワキの皮膚に穴が開いてしまうというトラブルもあるようです。

手術を考える前に

いかがでしたでしょうか?ワキガ臭に悩まされている人の場合、思い切って手術に挑戦したいと考えることもあります。

しかし、実際に手術をするにしても、術後後悔しないためには、複数ある手術の方法、費用やメリット、デメリットについてもじっくりと考えて決めることが重要です。

その間、ぜひ取り入れて欲しいワキガケアアイテムをご紹介します。
デトランスα」!これは私が今まで数多くのデオドラント商品を実際に使用してきた中でももっとも評価の高いアイテムです。手術を決めるには、まだ少し時間が必要という方は、ぜひ一度お試しあれ!

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。