布団やシーツに付くワキガ臭を防ぐには?

布団やシーツに付くワキガ臭を防ぐには?

一日の疲れを癒せる寝室には、意外とニオイがこもりやすいです。

特にワキガ体質の人の場合、ニオイレベルによっても異なってくるのですが、定期的に布団やシーツを洗濯しないと、においがどんどんシミ付いてしまいます。

ワキガ臭が季節に関係なく気になるというほどの人の場合は特に、自分でも気がつかない間に布団やシーツにワキガ独特のにおいが付着し、やがては寝室においてある洗濯したての洋服やバッグにもしみ込んでしまいます。

体臭による人間関係のトラブルは、早い段階から対策が必要になりますが、どうすれば布団やシーツにしみ込んでしまったにおいを防げるのでしょうか?

寝具のニオイは意外と残る・・

人は睡眠中にも汗を出しています。大人の場合はコップの1杯半分の汗が出ているといわれています。

毎日コップ1杯半もの汗が出ているとすると、毎日使う布団やシーツにはどれほどの汗が染み付いてしまっているのか想像できるかと思います。

汗によるニオイは、意外と染み付きやすい傾向があり、特に体を覆うようにして使用する布団や下にしかれているシーツの場合、どうしても通気性も悪く熱がこもりやすいため、布団やシーツにしみ込んだ汗のニオイは、一晩かけ徐々に蓄積されてしまいます。

ワキガ臭は意外としつこい!

就寝中の汗によるニオイは、特にワキガ体質の人の場合、何倍もの激臭となり、布団やシーツの奥深くにどんどん浸透してしまいます。

ワキガ独特のニオイは、皮膚表面に存在する細菌たちがワキガ臭を分解すると発生するのですが、通常の人たちが出す脇汗とはまったく異なった種類の汗になります。

これにはワキガ体質の人が多く持っているアポクリン汗腺から出る汗が関係しています。

アポクリン汗腺は、通常の脇汗よりも脂質を多く含んでおり、その脇汗を脇表面に潜んでいる常在菌が分解することで、独特のニオイを放ってしまいます。

そのため、就寝中に布団やシーツに少しずつこれらの脇汗やニオイ成分が付着することで、通常の洗濯では中々落としきれないニオイがシミ付いてしまうことになります。

ワキガだからこそ、布団やシーツの徹底ケアを!

脇汗による汗は、普段の洋服の脇部分を確認すれば分かりやすいのですが、特にニオイレベルがひどい人の場合、洗濯前の段階で洋服の脇汗部分のみに黄ばみや白い染み付きを確認することができるのですが、布団やシーツにも同じような後が残ることもあります。

これらのニオイは、ワキガ臭の原因となる「リポフスチン」とよばれる色素成分です。

アポクリン汗腺を多く持つワキガ体質の人は、同じように脇汗が出た場合、この「リポフスチン」とよばれる色素を含む脇汗が布団やシーツにしみ込むことでやがてはワキガ独特のニオイと黄ばみやシミ付きが起こりやすくなっています。

布団やシーツのニオイを徹底ケアするなら、黄ばみやシミ付き部分の汚れを落とすための特別な方法を実践する必要があります。

掃除をする際に色々な活用法がある「重曹」が活躍してくれます。

この「重曹」は、正式名称を「炭酸水素ナトリウム」というのですが、アルカリ性という特徴があります。

重曹には、布団やシーツに付着してしまったしつこい黄ばみやシミ付きを漂白する効果が期待できます。

まず黄ばみやシミ付きが気になる布団やシーツを通常の洗濯前に重曹水に付け込む作業が必要です。

洗面器を準備し、500mlの水に対し、大さじ1杯分の重曹を溶かします。

この重曹水に約一晩、ワキガの黄ばみやシミ付きが気になる布団やシーツを付け込んだ後に、通常のように洗濯していけば、寝室に何となく充満しているワキガ臭改善につながります。

お風呂の後の必需品はコレ!

ワキガ体質の人なら、定期的に布団やシーツの洗濯を実践することがニオイ除去には必要です。

さらに毎晩のお風呂上りには、布団やシーツに脇汗のニオイそのものが付着しないための取り組みも大切です。

デトランスαなら、脇汗に悩む人のためだけに開発された優れたデオドラントとなりますので、布団やシーツへのシミ付き予防としてぜひ活用してください。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。