布団がワキガ臭くて、男性を家に呼べないあなたへ

布団がワキガ臭くて、男性を家に呼べないあなたへ
[st-kaiwa1]布団にワキガ臭がついているから、男性を家に呼べない女性はどうすればいいのかな?[/st-kaiwa1] [st-kaiwa2]そうだね、ワキガへの対処をきちんと実践することが大切かな?そうすれば、今後布団からにおいがすることもないよ。[/st-kaiwa2]

一度のミスは命取り!

男性を家に招くということは、普段は外で見せることのないあなたの生活を新たに提示することと同じです。

そのため、少しでもよく思われたい男性を自宅に招きいれる場合には、すでに気になっていいる部分だけでなく、人を招くという設定でタブーとされることはすべて解決しておくべきでしょう。

その男性が友人関係にあるのか、それとも恋人候補なのか?すでに付き合っている男性なのかによっても若干真剣さが異なってきますが、自分が毎日暮らす自宅という空間に異性を招くということは、たとえ一度きりであっても失敗が許されません。

一般的に男性が女性に持つイメージとしては、フラワー系の香りが部屋に入った瞬間から香ってくるだったり、ピンクや明るめのイエロー、ブルーといったかわいらしい色使いのインテリアが、各部屋ごとに違った雰囲気を感じさせてくれるなど、非常に清潔感あふれたものばかりです。

そんな男性が目の前であなたの布団からワキガ臭(といっても初めてワキガ臭をかいだ人は、それが何なのかは認識できないかと思いますが)を嗅ぎ取ったときのことを想像してみてください。気の優しい男性なら、見てみぬふりをしてくれるかもしれません。

まだ付き合ったばかりの男性なら、気づかないフリをしてくれるかもしれません。もちろん元々鼻の悪い男性なら、布団からワキガ臭を感知する可能性も少ないともいえますが、色々な意味での「賭け」でしかありません。

現時点で自分の布団にはワキガ臭がついている!と自信を持っていえるなら、徹底した対策をいますぐ始めてください。

二人の未来も左右するかも!?

彼氏として男性を自宅に招きいれる場合は、お互い相手の欠点もすべて受け入れるべきという妄想に取り付かれないように注意してください。

あなたにとってワキガは仕方のないものだから、もしも彼氏がワキガだったとしても、受け入れられると考えるかもしれません。

しかし、あなたを愛しているといった彼氏の本心までは、彼自身も気づけません。

自宅に彼氏を呼ぶということは、あなたの日常生活のすべてを見せることにもなるため、万が一ワキガ臭が布団だけでなく、ソファーにおいてあるクッションや部屋着から香ってくる可能性もありますし、かわいい柄のエプロンからひそかに感じられるかもしれません。

人は自分の周囲にあるにおいには、中々気づけない傾向にありますので、まず他人が部屋に入った瞬間に変なニオイが充満していると感じる可能性もゼロではないのです。

体臭に関する問題は、たとえお互いの欠点もしっかり補い合おうと約束しあっているカップルであっても、今後の二人がより親密になるのか?それともあなたの存在を拒否されてしまうのかの分かれ目ともいえる重大な内容です。

大げさに感じるかもしれませんが、今までにも男性を自宅に招きいれることに躊躇していたあなたなら、何となくその理由が理解できるかと思います。

そもそもなぜワキガはにおうのか?

さてそろそろ本題に入りますね。布団にしみついてしまったワキガ臭。

その原因は、あなたが就寝中にワキガ臭を発生させているという現象が関係しています。ワキガは、生まれながらに持ち合わせている体質の一つですので、完全に治るという認識は間違っています。

しかし、生活習慣の変化に伴ってワキガのニオイがひどくなる、脇汗の量が急に増えるといった影響を受けやすいです。

特に毎日使っている布団にワキガ臭が染み付いてしまっているという状況は、ひどいレベルに含まれますので、原因をきちんと理解しつつ、改善に取り組むことが大切です。

ワキガ体質の人は、一般的な人と異なり脇部分に、アポクリン腺という独特のニオイを発生させる穴(汗が出る穴)が存在しています。

そのため、同じように脇汗が出た場合きちんとケアせずにいると、どうしても時間経過と共にニオイを発生させることとなります。

また、発汗をコントロールする自律神経のバランスが乱れてしまうことでも脇汗の量が増えてしまい、脇汗が増えるということは、アポクリン腺から出る汗も増え、ワキガ独特のニオイが出る確率も必然的に増加することとなります。

その他にもワキガの原因がいくつかあり、女性と関係の深い女性ホルモンも場合によってはワキガを悪化させてしまいます。

女性ホルモンは、生理、妊娠、出産をコントロールする働きがあるのですが、これらの現象が起こるタイミングで急激にワキガのニオイがきつくなるという女性も多いです。

以下、ワキガの原因となるものです。日ごろワキガに悩んでいる人は、自分の原因をしっかりと把握しておくと対策しやすいです。

  • 体質(脇の下にアポクリン腺の数が多い)
  • 加齢?ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス?自律神経の乱れ
  • 運動不足?汗腺の機能低下、質の悪い汗

まずは布団をどうにかしよう!

睡眠中は無意識ですが、体は正直です。快適な環境下で眠ることができれば、それほど脇汗が出る心配はありませんが、一日を通し気温差が激しい季節の変わり目は、うっかり室内の温度が高くなりすぎてしまう事も多いです。

そのため、毎晩うっかりワキガ臭をもつ脇汗が寝具にしみこんでしまうという可能性もあります。

これから自宅に彼氏を呼ぶ予定があるなら、まずは布団のにおいをどうにかするところから始めましょう。

以下の点に注意しながらやりやすい方法を実践してください。

  • すでにニオイが発生している布団なら、洗濯機で綺麗に洗い、天日干しをする。
  • 部分的にシミ付きがある場合、シミ部分に重曹や酸素系漂白剤を溶かしたぬるま湯につけこんでから洗濯機で洗う。
  • 金銭的に余裕があるなら、買い換える方法もあり。
  • 芳香剤の大量使用では、問題解決にならない。しみこんだワキガ臭は、きちんと除去することが大切です。

これで安心!ワキガケアの最強版をご紹介

布団に染み付いていたワキガ臭をきちんと除去できたなら、同じ失敗を繰り返さないための取り組みを始めましょう。

ポイントは、今後は睡眠中もワキガのニオイを発生させないことです。

  • デトランスαを日常的に活用する
  • お風呂で脇のニオイが気になるなら、専用石鹸を活用してその日の内にニオイケア
  • ニオイが染み付いてしまった洋服は、重曹や酸素系漂白剤使用で徹底洗浄
  • 布団はこまめに日干しをして、清潔に保つ

布団のニオイをきちんと取り除き、ワキガによるニオイを極力発生させないという2つの取り組みをすれば、いつでも誰が遊びに来ても安心です。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku