脇の匂いは自分でわかる?セルフチェックと体臭別の対策方法

脇の匂い セルフチェック
どんな人でも多かれ少なかれ発している脇の匂い。

時に人を不快にする脇の匂いが、自分でわかるチェック方法と対処法を紹介します。

人間の嗅覚には順応性が備わっているため、徐々に自分の体臭に慣れていき、ニオイそのものがわからなくなってしまいます。これは脇汗も同様。

また感覚は、その刺激の強さと感じ方が正比例ではなく対数に比例するという「ウェーバー・フェヒナーの法則」のとおり、人は時に匂いを強く感じ取ったり、逆に鈍感になったりもします。

自分の匂いが強いほうなのか、それとも考えすぎているだけなか、セルフチェックで確かめてみてください。

自分では気づきにくい脇の匂いのセルフチェックリスト

耳垢 チェック

友人や同僚に、自分の脇からどのような匂いがどれだけ発せられているかを尋ねるなんてことはしたくないですよね。

以下のリストをもとにセルフチェックを行えば、誰にきくでもなく、自分の脇の匂いを確かめられます。

チェック項目A チェック項目B チェック項目C
アポクリン汗腺の遺伝 耳垢のタイプ 脇部分の汗ジミ

チェック項目A:アポクリン汗腺の遺伝子をチェック

皮膚にある汗腺はアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種。

そのうちアポクリン汗腺は、特徴的な脇の匂い(ワキガ)の原因のひとつとして考えられています。
アポクリン汗腺は大抵の人にある汗腺ですが、人によって量が異なり、これは遺伝による傾向が指摘されています。
両親のアポクリン汗腺が活発であれば、その性質が受け継がれている可能性が高いというわけです。父母どちらかだけであれば、遺伝している可能性は半減します。

また、両親以外の近親者にワキガの人がいる場合も遺伝している可能性があります。注1

チェック項目B:耳垢のタイプをチェック

耳垢は、カサカサしたタイプとしっとりしたタイプの2つに分類されます。実は、耳の中にもアポクリン汗腺があり、アポクリン汗腺が活発な人の場合、耳垢が湿る傾向にあるのです。

チェック項目C:服や下着の脇部分に汗ジミがあるかどうか

アポクリン汗腺から出る汗の特徴は、脂質やタンパク質をはじめとしたさまざまな成分が含まれている点。そのため酸素にふれると酸化して変質し、繊維に染み込んでしまいます。

汗ジミができやすい人は、アポクリン汗腺が多く活発な人が多いので、ワキガの可能性が高いといえます。

ワキガとは限らない!脇の匂い対策を体臭別に解説

脇 拭く 女性
自分の脇の匂いが気になるからといって、すべてワキガが原因とはいえません。ケース毎に原因と対策を紹介しますので、あてはまる場合は実践してみてください。

1.脇汗が臭い

実は汗はかいた瞬間にはほとんど匂いを発していません。脇汗が臭いのは、皮脂などが分解されていることが原因です。

汗をかいたらすぐに拭き取る

汗をかいたらなるべく早く拭き取ることが一番の匂い対策になります。その際は、汗拭きシートを使うのが一番お手軽な対処法。

また、脇の毛が多いと雑菌が繁殖しやすくなり、匂いも強くなる傾向があるので、ムダ毛の処理も併せて行いましょう。

2.着ている服からの匂い

汗だけではなく、皮脂や老廃物が服の繊維に染み込んでしまうと、服から匂いがたちます。

時間が経過するほど、染み込んだ汚れが落ちなくなるうえに、付着物の分解も進み、匂いも増していきます。

その日の汚れはその日のうちに落とす

まとめて洗濯しているという人でも、汗が直接ついてしまったところは、その日のうちに洗い流してください。

熱湯は皮脂の汚れに効果的ですが、たんぱく質を固まらせてしまいます。

汚れを落とす際は、衣類の洗濯表示に従い。汗ジミに強い洗剤ですばやく洗うことが基本です。

また、汗脇パッドを使って、衣服に汗が染み込まないように事前に対策を講じると効果的です。

もし、クリーニングに出すのであれば、汗抜きを一緒にお願いしましょう。ドライクリーニングだけでは、あまり匂いがとれません。

3.加齢による腋臭

30〜40代の男性に現れる独自の体臭。ワキガと並び、男性が気になる匂いのひとつともいえます。

汗と皮脂が多い部分を清潔に保つ

加齢臭対策は、頭皮や脇の下、耳の後ろ、胸元や足の裏など、汗と皮脂が多い部分を石鹸でしっかり洗い、清潔を保つことです。

また、口臭対策をしたり、強い香料を使ったものを避けたりして、他に匂いを発する原因を減らすと匂いの濃度が低下します。

ワキガ(アポクリン汗腺)からの発汗

分泌された汗は、時間が経つと、皮膚にある常在菌によって酸化・分解。この過程で汗臭さが生まれます。

これは、特有の匂いを放つアポクリン汗腺からの汗も同様です。

制汗剤を使って汗を減らす

デトランスα

制汗剤を使って脇汗を減らせば悪臭になる可能性を下げることができます。

例えば “汗が止まる”と評判の「デトランスα」は、汗を止めるという塩化アルミニウムを含有。毛穴に作用し汗が出にくいようにしてくれます。

ただ、汗そのものは体温調節のために必要なので、間違っても全身に制汗剤を塗ってはいけません。

ワキガの匂いが好きな人もいる?腋臭とフェロモンの関係

フェロモン
世の中には、「匂いフェチ」と呼ばれる嗜好の人がいます。実際に人は、腋臭(ワキガ)からフェロモンを感じ取っているのでしょうか。

ワキガは異性を惹きつけるフェロモンの役割

ワキガの原因となるアポクリン汗腺は、多くの生物にとって、フェロモンを発する器官であり、フェロモンは何らかの生理活性作用をもっています。そしてフェロモンのなかには「性フェロモン」と呼ばれる男女関係に作用するものもあります。

フェロモンを感じ取る器官「鋤鼻器」を解説

フェロモンを嗅ぎ取る器官を鋤鼻器(じょびき)といい、人間の場合、鋤鼻器が退化していることがわかっています。

人間にフェロモンはない、効かないといった説があるのは、鋤鼻器が退化しているからです。ですが、嗅覚器にフェロモンを受容する構造が存在するのではないかと考えられています。

人がフェロモンを発しているのか、嗅ぎ分けているのか、はっきりとわかっていませんが、世の中には一定数、好きな異性の体臭を「いい匂い」、「好きな匂い」だと感じる人が存在しています。

はっきりと解明されてはいませんが、人を惹きつけるフェロモンのようなものがあるのかもしれませんね。

理化学研究所研究は、匂いに対する好き嫌いは、環境依存的に変化する可能性がある説明しています。[注2

つまり、最初は好まない体臭でも、それが覆ることがあるといえます。

気にし過ぎることは逆効果

汗は、運動や気温による発汗だけではなく、味覚刺激、さらに精神的な緊張によっても分泌されます。ワキガの匂いがしているかもと不安になってしまうと、余計に汗が出てきてしまい匂いを強めてしまう可能性があります。

また、潔癖症、性格が完璧主義の人は、自分は臭っていると思い込んでしまう自臭症(体臭恐怖症)に陥ってしまう危険性が高くなります。

自分の体臭を全く気にしないということは難しいでしょう。ですが、気にし過ぎは脇の匂いにとって逆効果。しっかり匂いケアを行っていれば、あとは気にし過ぎないということも立派な脇の匂い対策になるのです。

記事全体のまとめ

自分の脇の匂いにはなかなか気づかないものですが、今回紹介した3つのチェック項目に沿えば、人から指摘される前に脇の匂いがわかります。

もし、匂いに気づいたら、汗をこまめに拭き取る、洗濯などして対処しましょう。

しかし、匂いに過敏になると、逆に汗が増える場合もあります。

自分の性格も知ったうえで対応していきましょう。

※注1:湘南美容クリニック:選べるわきが(ワキガ)治療・手術・多汗症
※注2:理化学研究所:匂いの好き嫌いを決める脳内メカニズムを解明-ハエの神経活動から匂い嗜好を解読する数理モデルを作成-

この記事を書いた人

センターグローブ