ワキガ治療の保険適応判断基準

ワキガ治療の保険適応判断基準

ワキガに悩まされる人は、一日中デオドラント商品が欠かせません。夏の暑い時期だけでなく、冬、手足は冷え、寒いと感じる時でも脇汗をかき、それが原因でワキガ臭が気になることは当たり前です。

また、1日に何度もワキばかりをケアしているのにも関わらず、ワキガ臭が漂ってくるため、人との距離を置いてしまう。そんな重度のワキガの方は、思い切って手術をするという方法も検討してみてはいかがでしょうか?

ワキガの手術とは?

ワキガを手術する一番のメリットは、その後永久的にワキガのニオイに悩まされることがないという点です。

これは、今まで毎日頻繁にワキガケアのため、デオドラント商品を使い、食べるものに気を配り、お風呂でも徹底ケアをしていた人からすれば、画期的なことです。

内容としては、ワキガの原因となるアポクリン腺とエクリン腺、さらには皮脂腺も含め除去する方法です。ワキガのレベルも一人一人により異なってくるのですが、手術前にしっかりとカウンセリングを受け、ワキの状態を確認した上で進められるため、非常に効果も高いです。

ワキガ手術にはいくつかの種類があり、一番効果が高い方法は、「直視下手術法」です。これは、ワキガの原因となる皮脂を出すアポクリン腺とエクリン腺を直接取り除く方法です。クリニックによって手術内容に違いがあるため、効果も若干異なってくるようです。

さらに、若干効果が劣ってしまうが術後の痛みが少ない「非直視下手術法」もあります。これは、ワキに小さな穴を開け、そこからアポクリン腺とエクリン腺などを掻き出す方法です。どちらにもメリットとデメリットがあります。

保険が使える場合もある

ワキガの手術は、1回受ければその後わずらわしい消臭が不要になります。ワキガは、精神的に追い込まれ、中にはウツになる可能性も高いため、医師の判断があれば、保険を利用して手術を受けることができます。

保険が適応されれば、費用を抑えることができます。どのような判断基準が設けられているのでしょうか?

保険適応の判断基準は?

保険が使えない場合には、費用は全額自己負担となりますので、おおよそ15万から30万円近くかかってしまいます。せっかく痛みを覚悟でワキガの手術を受けるなら、保険適応したいものです。その場合の判断基準はあるのでしょうか?

一言で言ってしまえば、医師の判断に任されています。

医師が直接判断し、重度のワキガであると診断すれば、保険適応が可能です。
しかし、現時点では多くの病院や美容クリニックでは、保険適応を認めていません。医師の診断は、直接ワキのニオイをかぐ方法と、一度ワキの皮膚をめくり、アポクリン腺の数を確認する方法があります。

多くの場合、ニオイをかぐ方法が取り入れられているようですので、徹底的に検査をしてもらいたいなら、アポクリン腺の数を確認してくれるクリニックを探してみてください。

手術に伴うリスク

ワキガの手術にもリスクが伴います。

合併症や痛み、傷跡や再発のリスクです。特に気をつけるのは、再発のリスクと合併症ではないかと思います。

どのような手術にもリスクはつきものです、医学上では考えられない術後のニオイを強く感じる人もいるようです。これは、ワキガ臭とも違うようなので、予め予測することは不可能なようです。

また、手術を受けたのにも関わらず、ワキガ臭が改善されないという場合は、アポクリン腺の除去が完全でない場合が多いと言われています。手術を受ける前にきちんとリスクも含め、手術の方法もじっくりと探すことが重要です。

手術を受ける前におすすめのケア商品

ワキガの手術を受けるには、覚悟が必要です。保険適応できるのか?費用はいくらかかるのか?リスクはどれだけ回避できるのか?信頼できるクリニックを見つけることができるだろうか?

これらを総合して考えるには時間が必要という人もいるでしょう。そんな時には、しっかりワキガ臭をケアできるデオドラント商品を活用してください。

私がおすすめするデトランスαなら、気になるワキガ臭のケア、脇汗のケアができますのでおすすめです。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。