脇汗を止める手術とワキガ治療方法を紹介|口コミは?失敗したらどうなる?

ワキガ
脇汗やワキガを止めるなら、手っ取り早いのは適切な手術や治療を受けることでしょう。

ただ、その特徴や効果、料金は様々。今回は、脇汗やワキガの手術・治療方法に加え、その口コミ・失敗例・保険適用などについて紹介します。

脇汗を止めるで有名な手術3選

汗染みやニオイの原因になる脇汗を止めるには、クリニックで適切な手術を受けることが得策です。

以下では、脇汗を止める方法として有名な手術を3つご紹介します。

1.脇汗を止めるのに効果的なウルセラドライ


美容外科整形外科川崎中央クリニック公式HP
画像引用元:美容外科整形外科川崎中央クリニック公式HP

ウルセラドライ」は、前立腺がんや顔面のたるみ治療などにも使われている高密度終点式超音波治療です。

ウルセラ社製のマシン「UltheraTMsystem」を使って、汗腺にピンポイントで熱損傷を与える仕組みになっています。

メスを使わないため、切る手術に抵抗がある人向けの治療と言えるでしょう。ウルセラドライは、神奈川の美容外科形成外科「川崎中央クリニック」で施術を受けられます。

2.脇の多汗症対策を治すにはビューホット


ガーデンクリニック公式HP
画像引用元:ガーデンクリニック公式HP

ビューホット」は、極細の針がついたカートリッジを、皮膚の上から当てて使用するワキガ治療機器。

針の深さを変えることで、ワキガの原因であるアポクリン汗腺と、脇汗のもとになるエクリン汗腺両方へのアプローチが可能です。脇の多汗症とワキガの治療、どちらにも役立つ治し方として、注目を集めています。

ビューホットは、東京から福岡にまで6軒の医院を構える「ガーデンクリニック」にて、施術を受けられます。

3.最新のワキガ治療!ミラドライ

ミラドライ
「ミラドライ」は、マイクロ波エネルギーを照射する機能を搭載した脇汗治療マシンです。

アポクリン腺だけでなく、エクリン腺もターゲットにできるため、脇の多汗とワキガ、両方の悩みを抱えている人に適しています。

ミラドライは、米国の政府機関FDAの認可を正式に受けているため、安心感の高さも評判です。

ミラドライは2年後まで安定した効果が得られる!

ミラドライは切らない手術であるため、効き目に不安を感じる人も少なくありません。

しかし、一度破壊された汗腺は再生しないため、外科手術と同等の効き目を期待することが可能であり、その持続期間は2年間に及ぶともいわれています。

大がかりな施術でなくても、十分な効き目を実感しやすい方法だといえるでしょう。

脇の多汗症・ワキガ治療ならペアドライがおすすめ!


美容外科整形外科川崎中央クリニック公式HP
画像引用元:美容外科整形外科川崎中央クリニック公式HP

ペアドライ」は、ビューホットとウルセラドライの機能を併せ持った治療機器で、デメリットを極力少なくしながら、脇汗・ワキガの両方を止める治療を行うことができます。

ペアドライは、ビューホットやウルセラドライの治療も行っている「川崎中央クリニック」で施術可能です。

脇汗を止めるその他の手術法|効果・料金・口コミを紹介

ここまで、脇汗を止めるための有名な手術法をいくつか紹介してきましたが、ワキガや脇汗を止める効果が期待できる手術方法は、他にもいろいろあります。

ワキガに効果的な手術!シェービング法

シェービング法
「シェービング法」は、ワキガ治療に有用な手術として知られている方法です。

脇を1cm程度切開し、専用のシェービング機または吸引器を使ってアポクリン汗腺を吸い出します。施術に要する時間はおよそ30~40分ほどです。

シェービング法の効果

シェービング法では、完全摘出法などに比べると、除去できるアポクリン腺の量が少ない傾向にあります。

完全摘出法が約9割のアポクリン腺を除去可能であるのに対し、シェービング法の除去率は約6割といわれており、効果はやや劣ります。

そのため、シェービング法は、比較的軽症のワキガに有用な方法であるようです。

シェービング法の料金

シェービング法を行っているクリニックの料金をリサーチした結果、治療費は15万~35万円とかなり開きがありました。

シェービング法の口コミ

  • 施術後はすぐに歩行可能になったのですんなり帰宅。麻酔ですぐに眠ってしまったので怖さも感じませんでした。
  • 術後数日は違和感がありましたが、日常生活には支障がなかったのでよかったです。

ワキガ・多汗症を徹底的に治療!ベイザーシェービング法

ベイザーシェービング法
「ベイザーシェービング法」は、36kHzの超音波振動を出す、ベイザーと呼ばれる機器を使用した施術法です。

切開する範囲は1cm程度と通常のシェービング法と変わりませんが、アポクリン汗腺を溶かして焼き切る性能に長けているところが特徴。

さらに、仕上げとしてシェービング機またはベイザー吸引管によるシェービングを行い、ワキガや多汗症を治療する仕組みになっています。

ベイザーシェービング法の効果

ベイザーシェービング法のアポクリン汗腺除去率は約9割といわれており、シェービング法より高い効果が期待できます。

ベイザーシェービング法の料金

シェービング法に比べるとやや相場は高めで、およそ30万~35万円が目安となっているようです。

ベイザーシェービング法の口コミ

  • 術後、脇を固定していた時はちょっと不便でしたが、思ったより傷跡が目立たなかったので、仕事にも生活にも影響はなかったです。今ではあれほど悩んでいたのが、まったく気にならなくなりました。

脇汗を完璧に止めたいなら完全摘出法

完全摘出法
「完全摘出法」は、「どうせ施術するなら、脇汗を完璧に止める方法を選びたい!」という人向けの施術法です。切開する範囲は、約4cmと少々大きめになります。

ですが、ドクターが直視しながら、エクリン腺やアポクリン汗腺を丁寧に取り除いていくため、きついワキガや大量の脇汗に悩まされている人に適した方法といえるでしょう。

完全摘出法の効果

完全摘出法は、ベイザーシェービング法をさらに上回る高い汗腺除去率を期待できます。

除去できる量は、90%以上ともいわれています。

完全摘出法の料金

完全摘出法の料金は、シェービング法同様、15万~40万円程度と料金にかなり開きがあります。

完全摘出法の口コミ

  • 麻酔をしたので気づいたら終わっていたという感じです。最初はつっぱり感がありましたが、今は腕も自由に動くし、傷跡もほとんど目立ちません。

わきが手術は条件つきで保険適用も可能

保険適用
わきが手術は費用が高額なので、保険が適用されれば助かりますよね。しかし、わきが手術には、保険が適用される場合と、そうでない場合があります。

以下の3つの条件を満たしていなければ、保険が適用されない自由診療となるので注意しましょう。

  • 保険診療を行っているクリニックであること
  • 医師から保険適用が認められていること
  • 保険が適用される手術であること

気になるクリニックでは保険適用でわきが手術が行われているのかどうか、クリニック選びの段階でよく確認しておいたほうがよさそうですね。

ワキガ手術の2つの失敗例

失敗例
わきが手術には様々な種類がありますが、「手術さえ受ければ、絶対に安心」とは言い切れません。

どんな手術もそうであるように、やはり失敗のリスクはつきまといます。これについてもしっかり確認したうえで、手術を受けるかどうかを決めましょう。

失敗例1.効果がない、傷跡が残る

わきが手術を受けたものの、ニオイが止まる気配がなかったという事例は、意外に多いものです。

また、術後に思ったより傷跡がくっきり残ってしまったという声もあります。どちらも、原因は医師の技量不足にあるようです。

失敗例2.痛みを感じる

わきが手術では麻酔を使用しますが、麻酔の量が適切でないと、術中に痛みを感じることがあるようです。こちらも医師の経験不足による場合が多いといわれています。

脇汗を止める手術は効果や料金を確認して選ぼう

以上、脇汗を止める手術とワキガ治療方法を紹介しました。脇汗・わきが対策には、皮膚を切らない治療法から切る手術まで様々なものが存在し、料金には差が出ます。

治療費を安く抑えられるに越したことはありませんが、安さだけで選ぶと後悔することになりかねません。

クリニックを比較検討する際は、必ず料金とともに、ドクターの技量や施設・サービスの充実さなどもしっかりチェックするようにしましょう。

この記事を書いた人

センターグローブ