脇汗、多汗症治療のミラドライとは?

脇汗、多汗症治療のミラドライとは?

ワキガ、脇汗、これらの2つのキーワードは、これからの季節、特に集中した対策が必要になります。

特にワキガによる独特のニオイは、短時間でも室内を充満してしまう危険があるため、これまでにも自分はワキガではないか?と疑問に感じる瞬間があったという人は、今すぐにワキガについて知っておく必要があります。

また、ワキガと同じような脇汗独特のニオイに悩まされている人も、ますます日中の気温が高くなる前に、すぐにでも満足できるニオイケアが重要となります。

そんなワキガや多汗症の人にぜひ知って欲しい治療法をご紹介します。

ミラドライの特徴

ミラドライは、多汗症治療として最近注目を集めている治療法です。専門医がいるクリニックにミラドライが導入されていれば、誰でも利用することができます。

多汗症治療として注目を集めているミラドライは、専用の機器を使い、直接ワキにマイクロ波を照射することで、多汗症治療を行っていきます。

このミラドライから出るマイクロ波は、多汗症の原因となるアポクリン汗腺を直接破壊し脇汗が出ても独特のニオイを感じなくなるという画期的なものです。

ミラドライを利用するにしても短時間で済ませることができるため、日常生活に支障をきたす心配なく多汗症治療を受けることができます。

多汗症治療として有効となる仕組みを簡単に説明しますと、ワキに直接ミラドライを当てることで、脇汗の原因となるアポクリン汗腺やエクリン腺のみに直接マイクロ波が届く仕組みとなっています。

このマイクロ波は、直接脇汗が出るアポクリン汗腺とエクリン腺のみを破壊してくれますので、ミラドライを受けた直後から脇汗の量に変化を感じることができます。

術後はワキの腫れを予防する意味でもミラドライを受けた当日は、激しいスポーツや飲酒、入浴など血流がアップするような行為は禁止されますが、それ以外は日常生活にまったく支障をきたしませんので、人知れず多汗症治療を受けることが可能になっています。

これまでの多汗症治療との違い

ミラドライの優れた効果は、これまでの多汗症治療とはどのような違いがあるのでしょうか?

大きな違いとしては、傷跡がないという点が挙げられます。これまでの多汗症治療は、ボトックス注射や剪除法、レーザー治療などがあります。

これらの多汗症治療は、直接ワキに脇汗の原因となる汗を抑制する成分を注入する、脇汗のニオイを作り出すアポクリン汗腺を取り出す、焼くなどの方法となります。

それぞれに術後の効果や痛み、傷の有無などが異なり、どれも100%満足できるものはありませんでした。

その点ミラドライの場合は、ワキに直接傷をつけることなく脇汗の原因となるアポクリン汗腺とエポクリン線を破壊していきますので、効果に満足すること間違いなしです。

さらに術後はタイムダウンが必要ありませんので、日帰りで多汗症治療を受けることができます。

ミラドライの費用は?

多汗症治療として優れた効果を実感できるミラドライは、残念ながらに今のところ保険適応外となっていますので、実費での利用となります。

実際にミラドライを利用する際には、各クリニックによっても費用が異なりますので、事前に調べておくことが必要になります。

平均でいうと、片ワキ30万から35万となっており、両脇の場合は、43万から45万が相場となっています。

一度受けるだけで脇汗によるニオイトラブルを軽減できるとあれば、すぐにでもミラドライを利用したいものです。

しかし、現実的にこの高い費用をすぐには用意できないという人も多いかと思います。

ミラドライの費用を準備するまでは

これまでとは違い画期的な魅力を持つミラドライは、効果に比例して手術費が高いのが問題です。

ここはまずミラドライを受けるために貯金を始めてみるのもひとつの手段です。

もちろん目標額まで貯金をする間も、脇汗によるニオイトラブルは日々続くのですが、脇汗に優れた効果を発揮してくれるデトランスαを使い、まずはこれからの季節の脇汗をケアしてみてください。

このデトランスαは、ドラッグストアで販売されているデオドラント商品とはまったく違った効果を実感できるすぐれた脇汗ケア商品です。

ロールオンタイプのデオドラント商品を夜、お風呂上りの清潔な脇に直接塗るだけで、使い方もとてもシンプルです。

ミラドライを受けるまでの間、このデトランスαで毎日の生活を楽しんで欲しいと思います。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。