多汗症の病院のおすすめは?東京のクリニックと手術・費用

医療費イメージ
多汗症の病院を東京近辺で5つピックアップしました。ここでは、おすすめの病院を紹介していきます。費用的な負担も治療内容によって大きく異なってきます。これも合わせて紹介してあります。

さらに、多汗症で手のひらを治療する場合、交感神経遮断術を使うことがあります。実はこれデメリットもあります。つまり手掌多汗症の手術で後悔をしてしまったということも。こういった内容についても以下よりまとめていきます。

多汗症の治療でおすすめの東京の病院

クリニック

東京には多汗症を得意とする病院が多くあります。ここでは、5つに絞って詳しく説明をしていきます。まずは各病院の概要を以下にまとめます。

NTT東日本関東病院・ペインクリニック科
特徴 基本的には痛みに対する治療を行う科。ただ多汗症に関する治療も行っており、対象とする症例は多岐に渡る。
住所 〒141-8625
品川区東五反田5-9-22
電話番号 03-3448-6309
診療日 月~金
AM8:30~11:00
PM1:00~3:00
対応治療法
  • 胸腔鏡下交感神経節切除術
日本医科歯科大学 皮膚科・発汗異常外来
特徴 多汗症を含め発汗に関する治療を専門とした病院。詳しく診断をしていき治療法を選択する。
住所 〒113-8510
東京都文京区湯島1-5-45
電話番号 03-3813-6111
診療日 水曜日の午後のみ(完全予約制)
※皮膚科で診断してから決める形
対応治療法
  • 塩化アルミニウム溶液
  • イオントフォレーシス
  • ボツリヌス毒素局注
四谷メディカルキューブ
特徴 手のひらの多汗症(手掌多汗症)を得意とする病院。
住所 〒102-0084
千代田区二番町7-7
電話番号 03-3261-0430
診療日 9:00-17:00・日曜/祭日を除く
対応治療法
  • 多汗症の内視鏡手術(ETS手術)
中央クリニックグループ
特徴 多汗症を治療しつつワキガ症状も対応してくれる病院。美容外科、美容皮膚科で切らずに治療をすることも得意としている。
住所 〒160-0023
新宿区西新宿1丁目19-5新宿幸容ビル6F
(東京近辺には他に「秋葉原」「水戸」「高崎」「大宮」「川崎」「横浜」が存在)
電話番号 0120-472-331
診療日 10:00~18:00(土日祝も開院)
対応治療法
  • ビューホット
  • ボトックス注射
  • ウルセラドライ
  • ペアドライ
  • 直視下摘除法
  • イナバ式シェービング法
  • ベイザーシェービング法
湘南美容外科クリニック
特徴 症例実績8万件を超えている病院。様々な治療法を用意しており患者に最適な治療ができる。
住所 〒221-0835
横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビル3F
(その他にも東京近辺に多数の病院を構える)
電話番号 0120-5489-98
診療日 10:00~19:00(予約制:診察日は問い合わせ必要)
対応治療法
  • ミラドライ
  • 根こそぎVASERシェービング法
  • ボトックス/ボツリヌストキシン
  • シェービング法
  • 完全摘出法

①NTT東日本関東病院・ペインクリニック科

NTT東日本関東病院・ペインクリニック科
画像引用元:NTT東日本関東病院

日本のペインセンターとしての役割も果たしているNTT東日本関東病院・ペインクリニック科。痛みに関する症例以外にも、多汗症にも対応しています。

②日本医科歯科大学 皮膚科・発汗異常外来

日本医科歯科大学 皮膚科・発汗異常外来
画像引用元:日本医科歯科大学

その名の通り、異常な発汗に関する専門外来。問診、発汗紙検査を基に、多汗症の重症度を確認し、適した処置を施していきます。

③四谷メディカルキューブ

四谷メディカルキューブ
画像引用元:四谷メディカルキューブ

多汗症のなかでも、手のひらの多汗症「手掌多汗症手汗」の治療に力を注いでいます。“手汗を確実に減らす”“患者様の負担を減らす”という2つの考えに基づき、治療を進めていきます。

④中央クリニックグループ


美容外科整形外科川崎中央クリニック公式HP
画像引用元:美容外科整形外科川崎中央クリニック公式HP

多汗症はもちろん、ワキガ治療にも対応しています。切らない治療から切開法まで、幅広い施術方法のなかから、自分に適した方法を選択できるのがありがたいです。

⑤湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニック
画像引用元:湘南美容外科クリニック

多汗症・ワキガ治療に対応。症状の度合い、ダウンタイムなどを考慮して、施術できます。施術前にはカウンセリング、インフォームドコンセントがあり、気になっていること、不安なことを気兼ねなく相談できます。

多汗症の種類


多汗症には多種多様な症状のものがあります。大きく「全身性多汗症」「局所性多汗症」の2つに分けることができます。局所性多汗症は、さらに細かく分類をすることができます。

全身性多汗症

多汗症に悩む患者さんの中でも約10%の人が患っている症状です。残り90%は局所性多汗症になるため少数だということが数字から分かります。言葉の通り、身体全体から汗が多量にでてしまいます。

局所性多汗症

多汗症患者のなかでも、大多数(90%)が局所性多汗症です。後天的なケースも多く生活習慣から発症をしてしまうこともあります。多くの治療法があるため人それぞれの症状に合った治療も可能です。

手のひらや足の多汗症

日常生活に一番支障をきたすと言われているのが手のひらの多汗症です。紙が濡れてしまい字が書けない、キーボードが濡れて故障してしまうなど。握手ができないという悩みから引っ込み思案に繋がっていくケースもあり重大な症状です。

足の多汗症は、足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)と言われ、靴や靴下はもちろんのこと、足裏から悪臭をだしてしまい悩んでしまうことも。運動や蒸れてしまっただけと勘違いされ放置されてしまうことも多々あります。

脇の多汗症

冬場でも脇汗がひどく、服が湿ってしまい、人目が気になってしまうほどの症状です。腋窩多汗症(えきかたかんしょう)と呼ばれ、脇には汗腺が多いこともあって、この症状で悩む人は非常に多いです。

また、ワキガも併発してしまうこともあります(全く別の病気のため必ずしも合併するわけではありません)。ワキガの場合は、美容系の病院で積極的に治療が行われています。

頭部や顔の多汗症

何もしなくても頭部から汗が滴り落ちたり、顔から大量の汗が出てしまい会話すらままならない状態に。人とのコミュニケーションを著しく妨げてしまいます。

誤魔化すことができない部位であり、余計なストレスを感じてしまい更に汗が吹き出てしまうことも。悪循環に陥りやすいことが特徴です。

多汗症の手術方法と費用

医療器具
多汗症の治療が行える東京の病院おすすめ5選を始め、様々な病院の多汗症の手術費用を調べてみました。

施術名 特徴 費用相場 保険適用有無
胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS) 交感神経を遮断して汗を抑制 9万円前後 保険適用
剪除法・摘出法 汗腺を直接除去して発汗を抑える 4万円前(両脇) 保険適用
レーザー・超音波治療 レーザーで汗腺を破壊 30万円前後(両脇) 保険適用外

①胸腔鏡下交感神経節遮断術(ETS)

全身麻酔で行われる、いわゆる切る手術です。交感神経を内視鏡手術で遮断することで発汗を根本的に抑止する方法です。第2交感神経~第4交感神経があり、第3、または第4までを遮断することになります。

②剪除法・摘出法

汗腺を直接除去することで発汗を抑えます。メスで切って1つ1つ丁寧に除去することになるため、どうしても傷跡が残る場合があります。ただし直接発汗を抑えること、そして半永久的に抑えることが大きなメリットになります。

③レーザー・超音波治療


ガーデンクリニック公式HP
画像引用元:ガーデンクリニック公式HP

レーザー・超音波を使って汗腺を破壊する方法になります。直接破壊することになるため、半永久的な多汗状態を抑止することができます。切らずに治療ができるため傷跡を気にする必要もありません。

手掌多汗症の手術で後悔?交感神経遮断術のデメリット

頭を抱える女性
手のひらの多汗症の治療で、よく用いられる交感神経遮断術ですが、大きなデメリットがあることも理解しておかなければなりません。つまり手掌多汗症の手術で後悔をしてしまう人がいるというわけです。

代償性発汗により腰や背中などに汗をかきやすくなる

人体はある箇所から汗が出なくなった場合、他のところから発汗させ帳尻を合わせてくれるのです。交感神経遮断術では、これを「代償性発汗」と呼び、術前に必ず説明があるはずです。

手のひらから発汗して温度調整ができないのであれば、腰や背中から汗を出そうとするわけです。人によっては単純に局所性多汗症の位置が手のひらから腰・背中に変わっただけという状態になってしまうことすらあります。
病院によっては、この代償性発汗の副作用を経過観察するために片側だけを行うことも。よく病院側と相談して治療方法を決めていく必要があります。

自分の症状を理解して適した施術を

デトランスα
画像引用元:デトランスα 公式通販サイト

ここで紹介した多汗症の治療ができる病院のおすすめ5つはもちろん、多くの病院で治療することができます。手術方法も多岐にわたり、多汗症の手術の費用はまちまちになってしまいます。また、保険が適用される場合、されない場合もあります。

まずは、自分の症状を理解したうえで、適した施術方を選択しましょう。

この記事を書いた人

センターグローブ