脇汗治療の費用|ワキガ・多汗症の手術は保険適用になるの?

脇汗 男性 ひどい脇汗は手術で治療可能。基本的に治療は保険適用外ですが、腋窩多汗症の場合は保険が適用されます。 今回は、具体的な脇汗治療の方法と費用、実際に治療を受けた方の口コミなどを紹介します。

脇汗は治療できる?

脇汗は治療可能です。手術から切らない治療までいくつかの種類があります。どの手段を選ぶかは、医師とのカウンセリングによって自分に合った方法を採用できるでしょう。


美容外科整形外科川崎中央クリニック公式HP
画像引用元:美容外科整形外科川崎中央クリニック公式HP

脇汗治療は保険適用になるのか

クリニック

脇汗治療は基本的に保険が適用されません。ただ、重度の腋窩多汗症(原発性局所多汗症)と診断された場合は、ボトックス注射や剪除法など保険適用の負担で済むようになりました。 重症でなければ自由診療となるので、腋窩多汗症(原発性局所多汗症)と診断がつけてもらえるかどうかが境界線になります。以下がおおまかな診断基準なので、確認してみてください。 腋窩多汗症(原発性局所多汗症)の基準 (6ヶ月以上続いていて、2つ以上該当)

  • 右と左の両方で多汗
  • 日常生活に支障がある
  • 週1以上で多汗に関する出来事がある
  • 25歳未満で発症
  • 家族にも病歴がある
  • 寝ているときは汗が現れない

また、我慢できないほどの多汗で日常生活に差し障りがある場合も、医師の診察を受けて腋窩多汗症(原発性局所多汗症)と診断されます。

脇汗治療の方法と費用

治療 保険適用 ここでは脇汗治療の内容、費用相場や保険適用の有無を解説しています。

①塗り薬:塩化アルミニウム

塩化アルミニウムが含まれた塗り薬を脇に塗ることで、発汗を抑えます。

費用相場 保険適用
2,900~4,800円(濃度20%)

【皮膚科の治療と同じ成分の制汗剤】デトランスα


デトランスα

画像引用元:デトランスα公式通販サイト

デトランスαはお風呂上がりに塗るだけ。使うたびに65%も発汗を抑制し、それが72時間も継続します。 汗腺に働きかけた角栓が、3~5日程度で新陳代謝によって体外へ排出。ロールオンタイプで塗りやすく、脇汗の悩みを効果的です。

②ボトックス注射

脇の下へボトックスを注射。発汗のもとである、アポクリン汗腺やエクリン汗腺の活動を抑えます。

費用相場 保険適用
32,220~50,000円

※価格は自由診療での表示です。

③レーザー・超音波治療

超音波治療でアポクリン汗腺を取り除きます。 脇の下を1cmほど切り、マイクロ波やベイザー波をアポクリン汗腺に照射します。

費用相場 保険適用
153,090~384,340円

※症状の程度により医療機器が違うため、相場には開きがあります。

④剪除法・摘出法

手術でアポクリン汗腺やエクリン汗腺を直接取り除きます。効果は他の治療法に比べ高いとされています。

費用相場 保険適用
153,090~240,000円

※価格は自由診療での表示です。

⑤飲み薬:プロバンサイン(抗コリン剤)

発汗を指令する神経に作用。発汗指令を抑えることで、汗をかきにくくします。

費用相場 保険適用
4,914~5,700円(100錠)

※通販サイトでの購入価格

ワキガ治療の口コミ

棒グラフ
治療法別に体験者の口コミをまとめています。

①ボトックス注射

  • 「針を刺すのがちょっと痛いです。でも、時間的にはすぐ終わりました。保冷剤でワキを冷やし、注射して終了。夏場に汗をかいて服の色が変わることが気になってたから受けてみました」
  • 「今までは、安くできるクリニックであまり効果がありませんでした。クリニックを変えて量を増やして範囲を広げたら、3日後くらいから汗をかいても量が減って、ニオイも抑えられているような気がします。ただ、麻酔を塗りましたが、私にはあまり効かなかったみたい」

②ウルセラドライ・ペアドライ

  • 「小5の娘にウルセラドライを施術してもらいました。友達から指摘される前になんとかしてやりたい。そう思って、メスを使わない治療にたどり着きました。時間は30~40分程度でしょうか。本人に聞いたところ、麻酔の注射が痛かっただけらしいです。3~4日はまだ臭いもしてましたが、5日目くらいから臭わなくなりました
  • 「確実性を求めてたからペアドライにしました。1~2箇所ツンとした痛みもありましたが、施術自体はほぼ痛みなし。術後はクリーニングをし、軟膏を塗って終わりです。当日は帰宅時に強い痛みもありましたが、翌日には収まりました。ただ、頭痛が起こり体のだるさも。4日目くらいからは痒みもあって、1週間程度でかさぶたに。汗は少しありますが、ニオイはありません」

③ミラドライ

  • 「手軽なボトックスですませていましたが、毎年打ちに行く手間や費用を考え、ミラドライを受けました。丁寧な説明を受けることができて、不安を解消できたと思います。2時間くらいで終わりましたね。あまり痛くはなかったけど、麻酔注射はチクッとしました。麻酔がきれたときヒリヒリして、3日目までは腫れてたと思います。腕を伸ばしたら少しひきつるような感覚はありますが、汗は止まりました
  • 手術は怖いので、高いけどミラドライを選びました。麻酔は片脇で15本。20分くらい機械での施術があって、1時間程度はかかったと思います。1週間ほどむくみがありましたが、汗はかいてない感じです

④剪除法

  • 「学校行事やプールのことを考えて、娘が希望したので受けさせました。小さな頃から注射嫌いだったので、麻酔をかけてもらうときだけが辛かったようです。あとは看護師さんと話しをすることもできたらしく、痛くなかったみたいです。5日間ワキを固定しないとダメなので、着れる服がなかなか見つかったようです。11日後の抜糸からは日常に戻り、いつもどおりの様子でした。ありがとうございます」
  • 「何度も服を洗濯しなければならず、服が痛むのも早かったです。そこで思い切って手術を受けました。手術2日間の圧迫固定が大変。でも、臭いはぼほなくなりました。傷口が残る可能性もありますが、私は男性なので気にしていません」

脇汗治療でおすすめの東京の病院

東京で脇汗治療を受けるにあたり、おすすめの病院を紹介します。

新宿ガーデンクリニック


ガーデンクリニック公式HP
画像引用元:ガーデンクリニック公式HP

新宿ガーデンクリニックは、新宿駅南口から徒歩5分。人には相談しづらい脇汗の悩みも、メールで相談できます。 日本美容外科学会認定医療機関、日本形成外科学会からも認定を受けた施設になります。

住所 東京都新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル5階
電話番号 0800-813-9290
診療日 要問い合わせ
対応治療法と費用
  • ビューホット 35万円(モニター価格:30万円)
  • コンプリートトリートメント法 70万円
  • ダブルトリートメント法 40万円
  • ボトックス法(8cm×4cm) 20万円(モニター価格:5万円)

脇汗治療でおすすめの大阪の病院

脇汗治療におすすめの大阪の病院を紹介します。

大阪梅田中央クリニック美容外科

大阪梅田
画像引用元:大阪梅田クリニック公式HP

大阪梅田中央クリニック美容外科は、阪急梅田駅茶屋町出口から徒歩1分。大阪で26年以上の美容外科実績持っており、カウンセリングや診察は無料となっています。
完全予約制を設けていて、プライバシーへ配慮した個室のカウンセリングルームを完備しています。

住所 大阪市北区芝田1-5-12 備後屋ビル5F
電話番号 0120-288-556
診療日 予定表は公式サイトから確認できます
対応治療法と費用
  • ビューホット(両脇/スソ) 30万円(2回目以降1回5万円)
  • ワキ (100単位) 6万円
  • イナバ式シェービング法 28万円
  • 切開剪除法 30万円
  • OC式パーフェクト法 40万円
  • 臭気判定士診察料 5,000円

脇汗治療でおすすめの札幌の病院

東京、大阪に加えて、札幌で脇汗治療におすすめの病院を紹介します。

品川スキンクリニック札幌院

品川
画像引用元:品川スキンクリニック札幌院公式HP

品川スキンクリニック札幌院は、JR札幌駅南口から徒歩5分。一般財団法人日本ホスピタリティ協会主催、2017年美容皮膚科最優秀賞を受賞しました。 受賞は2016年に続き2度目。メイクルームが完備され、落ち着いた待合ブースもあります。

住所 札幌市中央区北4条西5-1アスティ45ビル2F
電話番号 0120-891-300
診療日 土・日・祝も診療あり
対応治療法と費用
  • ボツリヌストキシン注入 15,550円(2回目以降:22,960円)
  • ボトックス(アラガン社製)注入32,220円(2回目以降:52,030円)
  • パースピレックス(25m) 4,440円(税別)

脇汗治療が保険適用外になるならデトランスαを使おう


画像引用元:デトランスα 公式通販サイト

腋窩多汗症(原発性局所多汗症)と診断されてなければ、すべての治療が自由診療となります。 そのため、

費用に加え、リスクやダウンタイムのある施術を選ぶよりは、翌日から効果を感じられるデトランスαがおススメ。痛みもなければ費用も高額にはならないため、いつでも脇汗対策が

この記事を書いた人

センターグローブ