ワキガの治療法ペアドライをわかりやすく解説

ワキガの治療法ペアドライをわかりやすく解説

ワキガによるニオイトラブルは、ワキガトラブルは、特に夏場、気温が高い季節にはこまめなケアが重要となります。

しかも、どれほど多くのデオドラント商品を使い分けたところで、結局数時間もすればワキガ独特のにおいが漂ってきてしまう・・・

もうこれ以上ワキガに悩み苦しむ人生はいやだ!

そんなあなたのこっそりお教えします。

ワキガに悩む人にとって魅力的な手術についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ワキガに悩む人の救世主!「ペアドライ」

ワキガの原因は、毎日の生活パターンや食習慣によってもある程度は影響されてしまうのですが、結局のところ、生まれ持った体質による要因が大きいです。

人によってはそれまでまったくワキガ独特のニオイや症状を感じなかったという人でも、妊娠や出産、成人を迎える頃などに突然ワキガの症状が現れるというケースも少なくありません。

また、思春期を迎える頃から少しずつワキガのニオイが悪化してしまうというケースもありますが、特にワキガによる悪臭がひどいと考えるなら!「ペアドライ」がおすすめです。

ペアドライは、「ビューホット」と「ウルセラドライ」という2つの特殊な器械を使った方法で、直接ワキガの原因となるアポクリン汗腺を照射していく方法ですので、通常のワキガ手術とは異なった効果が期待できます。

RF波と呼ばれる「ビューホット」は、脇の皮下1mmから2mm範囲にあるアポクリン汗腺やエクリン汗腺にアプローチし、残りの皮下3.5mmから4.5mm範囲にあるアポクリン汗腺やエクリン汗腺は、「ウルセラドライ」という超音波を照射し、ダブルの効果で広範囲への手術を可能にしています。

ワキガ独特のニオイは、アポクリン汗腺から出ているため、ペアドライを受けることで、おおよそ脇に存在する原因を破壊できるという魅力があります。

ペアドライのメリットとデメリットについて

ペアドライは、ワキガ手術の中でも脇にメスを入れることなく受けられるため、傷跡や術後の痛みが最小限という点が一番の特徴です。

もちろん手術を受ける前には、局所麻酔を利用し、放射中の痛みを感じさせない取り組みも必要になりますし、術後には、皮膚が熱を持っているため、特殊な装置を使ってのクールダウンも必要になります。

しかし、これまでのワキガ手術に見られる術後の腫れが数週間も続く心配もありませんし、日常生活に支障をきたしてしまう不安もありません。

メリットとしては、痛み、腫れ、炎症を極力抑えられる上に、傷跡が不要という点があげられます。

一方で、見逃すことができないデメリットとしては、自由診療になりますので、高額な費用がかかってしまう点と人によっては数日腫れが起こる可能性があるという点があげられます。

ペアドライを受けるにはいくら必要?

現在ペアドライが受けられるのは医療開発者が経営する「川崎中央クリニック
」のみです。

ワキガの手術は、基本的に自由診療となっていますので、保険適応外となり、費用は全て自己負担になってしまいます。

川崎中央クリニックでは、両脇でペアドライを受ける場合33万円の費用が必要になってきますが、初回の診療は無料で受けることができます。

まずは相談だけでも、と考えるなら、一度予約してみてはいかがでしょうか?

今すぐはペアドライが受けられない・・・というあなたに朗報です!

ペアドライはワキガに悩む人にとっては、痛みも少なく、術後の経過も良好なケースが多いため、おすすめなのですが、やはり費用がネックとなってしまう・・・という人も多いかと思います。

そんな場合は、33万をめざし貯金を始めると共に、まずは手軽に使えるデトランスαで、日々のワキガケアをしてみてください。

デトランスαは、ペアドライに比べると数千円で購入できる即効性のあるデオドラント商品ですので、目標額33万円が貯まる間、期間限定でのワキガや脇汗ケアにぴったりです。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。