脇汗手術は副作用に注意-ワキガ・多汗症治療

脇汗手術は副作用に注意

あまりにも多い脇汗は大きなストレスとなります。ニオイ対策や汗染み対策も毎日の事となると大変です。いっその事、手術してこの悩みから解放されたいと思うかもしれません。

汗を出す場所、汗腺は手術で除去してしまう事も可能だからです。そのため悩みを抱える人が手術に踏み切るケースは多くあります。しかしそれが思わぬトラブルを招いているケースも多くあります。何故なら脇汗手術には副作用がつきものだからです。

体温調整の役割

汗には体温調整という重要な役割があります。体温が上がり過ぎた時に発汗、それが蒸発する時に熱を奪う事を利用して体温を下げています。

この機能は生命維持の観点でみるととても重要な役割があります。そのためどこかの汗腺が失われるとその代わりとなる代償性発汗が起きます。ワキから出していた汗を他の箇所から出そうとする働きです。

脇汗手術の副作用

人の体は汗腺のある場所と無い場所があります。例えば掌は汗をかきますが、手の甲は汗をかきません。このように偏りがあります。ワキの他に背中や胸、顔、お腹、お尻、太腿、足の裏が汗腺のある主な場所です。

ワキの汗腺を手術で除去するとこれらのどこかの汗の量が一気に増える事になります。どこが増えるか、またどれ程増えるかは個人差があります。背中になる人もいればお腹になる人もいます。これが気になるような量でなければ問題がありません。しかし中にはスーツが濡れてしまうほど背中の汗の量が増えた人や顔から尋常ではない量の汗をかくようになった人もいます。悩みを無くすための手術が新たな悩みを生んでしまった訳です。

この副作用は個人差があるものの100%に近い割合で起こると言います。しかしどの程度になるかわからないため判断が難しくなります。確かに言える事は、安易に手術に踏み切らない方が良いという事です。手術をしたら元に戻す事は出来ませんので、十分に相談してから決断するようにしましょう。

脇汗手術をせずに汗を止める方法

このように手術には副作用があるので、脇汗手術に踏み出すことはハードルが高いです。しかし、簡単に脇汗を止める方法があります。それが、デトランスαです。手術と比べたらお手軽で安価、しかもその効果は絶大です。もし手術をお考えなら一度デトランスαを試してからでも遅くはありません。デトランスαは実際に医療機関でも処方される商品なので安心です。実際に私も脇汗手術を悩んでいたのですが、デトランスαを使ってからはその心配もなくなりました。ぜひご検討ください!

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。