脇汗は病院の何科に相談すればいい?脇の多汗症の治し方とは

脇汗 病院 何科
脇汗の治療に対応している科は皮膚科をはじめ、複数あります。

また、治療も、切らずに治す方法、切って治す方法、たくさんあります。経済的なことも考え、自分に合った治療法をじっくり決めましょう。

脇汗・汗かきの人は病院の何科を受診する?

匂い 女性

脇汗で悩む人は多いと思われます。日本人は匂いに非常に敏感なので、少しいつもと違う臭いをかぐと、「ワキガかも」と慌てるようです。

両親がワキガなので、自分も確実にワキガだと思い込み、手術を覚悟している人もいるといいます。

でも、それは病院で判断してもらわなければ分からないことなので、何よりもまず、病院に行くことが大切です。

その場合は、何科の診察を受ければいいのかをみていきましょう。

脇汗の治療に対応している科は複数ある

脇汗の治療に対応しているのは、皮膚科、麻酔科(ペインクリニック)、形成外科、美容外科、美容皮膚科、美容形成外科など。

美容外科・美容形成外科は、どちらも体の外見的な傷やトラブルを治療する専門の医師がおり、どちらも顔を含む全身のトラブルに対応しています。

また、外科なので、ワキガ手術やボトックス注射もしています。これらの治療を考えているのであれば、詳細を聞いて決めることも可能です。

また、最近では、切らないワキガ治療も行っているので、重度のワキガや多汗症を併発している人も利用できます。

迷ったら皮膚科・美容皮膚科がおすすめ

皮膚科

どこに行くか迷ったときは、皮膚科、もしくは美容皮膚科に行きましょう。皮膚科は病院の規模にもよりますが、脱毛やレーザー治療が行えるところもありますので、美容外科や美容形成外科よりも気楽に行けるという面があります。

温存治療として、薬用の制汗剤を処方したり、食事指導がメインになったり、軽度ならボトックス治療もすすめてくれます。手術までは検討しておらず、保険適用内で治療を受けたい場合は、まず、皮膚科で診察してもらいましょう。

手術希望の場合、いい病院や医師を紹介してもらえるというメリットもあります。中でもワキガに対する知識の高い、診療に力をいれている病院であれば間違いありません。

多汗症専門外来を設けている病院もある

クリニック

多汗症専門外来を設けている病院もあります。

例えば、東京医科歯科大学附属病院の皮膚科には、発汗異常外来などがあります。

多汗症については、突発性の一次性多汗症と原因となる基礎疾患がある二次性多汗症に分類されるということです。主に簡易発汗紙を用いた検査で発汗量を測定。それによって治療を開始します。

多汗症は、全身に汗をかきやすい人もいれば、顔だけ、もしくは手や足の裏だけ汗ばみやすい、そして脇だけ異常に汗をかいてしまうといった「局部多汗症」があります。

汗は体温調節するために、誰でもかいていますが、多汗症の場合には、精神的なことが関わっているために「ワキガであることが恥ずかしい」「誰かに気付かれたらどうしよう」と緊張すると、より汗が出てしまい、臭いが強くなってしまいます。

衣類に汗染みができるぐらい毎日汗をかく人や、ワキガほどではないけど臭いが気になるレベルの人は多汗症の可能性があります。

ワキガがアポクリン腺から出る汗に対して、多汗症の汗はエクリン腺から出る汗が多くなります。ワキガと多汗症を併発していると、両方から汗が出て、不快感も強くなり、強烈な臭いになってしまいます。

顔面多汗症・頭部多汗症は病院の何科?

前述の「局部多汗症」である顔面多汗症、頭部多汗症も、脇汗と同じで、迷ったときは皮膚科がおすすめです。

多汗症の病院のおすすめは?

総合病院に行くにしても、個人病院に行くにしても、専門の科に行くことが大切です。

中央クリニックグループ

中央クリニックグループ
画像引用元:中央クリニックグループ

高い技術力、豊富な経験、実績力のある、選ばれたドクター医師のみが治療を行う、中央クリニックがおすすめです。

患者に安心して治療を受けてもらうために、施術前のカウンセリング、施術、アフターフォローまでを専任の医師が責任を持って行います。

非常勤の医師や経験の浅い医師が治療を行うことはありません。日本全国のどのクリニックでも満足のいく治療を受けてもらうことができます。

多汗症、ワキガの治療に関しては、切らずに行う治療(注射による注入法)と、手術で再発のない治療(イナバ式シェーバー法、切開剪除法、もしくはイナバ式シェーバー法と切開剪除法を組み合わせたもの)があります。

脇の多汗症の治し方はどんなものがあるの?

脇 多汗症

脇の多汗症の治療方法を具体的に見ていきましょう。

治療法 保険 費用相場
ウルセラドライ 適用外 33万円
塗り薬(塩化アルミニウム外用療法) 適用外 2千円
ボトックス注射 適用外 13万円
レーザー治療 適用外 35万円
交感神経切除術 適用 9万円
み薬(抗コリン剤など) 適用 千円

①【私のイチオシ】ウルセラドライ


美容外科整形外科川崎中央クリニック公式HP
画像引用元:美容外科整形外科川崎中央クリニック公式HP

高度の発汗に対する高密度焦点式超音波による治療です。切らないので傷が残らず、治療時間が短く、施術当日から日常生活を送れます。保険は適用外で、費用相場は、両わき33万円と考えておきましょう。

②塗り薬(塩化アルミニウム外用療法)

代表的なのが多くの人が利用している「パースピレックスオリジナル」。ロールオンタイプで、さっと塗れます。保険適用外で、20mlで2256円。

③ボトックス注射

脇の皮膚にボトックス注射を打つことで、汗の分泌をコントロールする神経をブロックし、汗の分泌を抑制する治療です。1回13万円。保険適用外。

④レーザー治療

マイクロ波を皮膚の上から照射し、その熱により汗腺を破壊。皮膚を切らずに治療が可能。効果の持続、痛みも少なく術後のケアが不要です。両わき1回35万円。保険適用外。

⑤交感神経切除術

手術時間1~2時間、全身麻酔、術後1週間の入院が必要。側胸部を2センチ程度切開し、胸部交感神経節を焼灼または切除してしまいます。9万円前後。保険が適用。

⑥飲み薬(抗コリン剤など)

抗コリン剤は胃酸を抑制する薬。汗を抑えると同時に口が「乾く・尿が出にくくなる」といった副作用に注意が必要です。病院で処方され、保険が適用。平均的な費用は千円ほどです。

脇汗治療に皮膚科で使う薬と同じ成分「デトランスα」

デトランスα
画像引用元:デトランスα 公式通販サイト

デオドラントのランキングでも上位を占める「デトランスα」は、デンマーク発の塗るだけの制汗剤。「塗った翌日から汗が止まる」と口コミで広まっています。

北欧、欧米は9割がワキガ。そのような国で開発された商品であるため、効果が強力であるといわれています。また、皮膚科が脇汗治療に使う薬と同じ成分が配合されているという点もポイント。

デトランスαは、普通肌用と敏感肌用があります。そのため、肌の弱いあなたも安心。

それでも不安なときは、病院でしっかりと診察・診断してもらって、治療を行いましょう。多くの治療法から、あなたにあったスタイルを選んでください。

この記事を書いた人

センターグローブ