脇汗シールの口コミを徹底検証|効果のほどは?薬局で買えるの?

女性 手を伸ばす
汗染みに悩まされている人におすすめの脇汗シール。今回は脇汗シールとはなにか、口コミでの評判、おすすめの脇汗シールを紹介します。これまで使ったことがない人はぜひ参考にしてみてください。

脇汗シール・テープってどんなもの?

汗とりシート
脇汗シールまたはテープは、手軽に使える脇汗対策グッズとして有名。

脇に、直接テーピングする要領でぴったり貼りつけ、脇汗を抑える効果を期待できます。

商品によって「脇汗シート」「ワキフィルム」など名称が異なりますが、基本的に脇に貼り付けるタイプの制汗グッズは脇汗シールまたはテープに分類されます。

汗脇パッドとの違いは?

脇汗シール・テープと汗脇パッドは脇汗を吸い取るという点では共通していますが、使用方法について2点ほど違いがあります。

まず1つ目は製品の貼り方。
脇汗シールやテープは直接肌に貼り付けるタイプであるのに対し、汗脇パッドは服の上から貼って使用します。

皮膚に貼り付けないので違和感はありませんが、服と皮膚の間にすき間があいてしまうと脇汗をカバーしにくくなるのが難点です。

2つ目は再利用の可否。
脇汗シール・テープは使い切りタイプなので使用後は肌から剥がしてそのまま捨てることになりますが、汗脇パッドの中には肩ひも付きで洗えば繰り返し使える製品もあります。

脇汗シールの効果は?口コミをチェック

女性 口コミ

脇汗シールを実際に使ってみた人はどんな感想を抱いたのでしょうか?ネット上で見つけた良い口コミと悪い口コミの両方を紹介します。

脇汗シールの良い口コミ

  • 「汗が出ている感覚はありますが、服にはまったく染みません。朝出かける前に貼って、夜帰宅するまで半日ほど使っていますが、その間フィルムを取り替えなくても汗染みを気にせず快適に過ごせました」
  • 「冬でも汗がじわっと出てくるし、夏は白や黒など汗染みが目立たない服しか着られませんでした。汗脇パッドを使ったこともありますが、服にうまくつけるのが難しいし、脇が蒸れてイマイチ…。でも脇汗シールを使うようになってからそんな心配もなくなりました。はがす時も思ったより楽です」
  • 「汗をかきやすい時期に体のにおいが気になるので脇汗シールを試してみることにしました。初めて貼る時は少し違和感があるけれど、それほど気になりません。一日着ていた服をかいでみましたが、まったくの無臭で感激しました」

脇汗シールの悪い口コミ

  • 「うまく貼るのが難しく、ところどころに空気が入ってしまいました。うまく貼れれば剥がれたりせず、半日は持ちそうです」
  • 「運動の習慣があるので汗が出やすく、染みが気になるので脇汗テープを購入しました。自分で好きな長さにカットするのですが、はさみだとちょっと切りにくいです。手で簡単にカットできる手軽さがあればいいのですが」
  • 「直貼りなので効き目はあるのですが、そのぶん剥がす時が痛いです。テープも少し脇に残ったりすることがあるのが気になります」

口コミでわかった脇汗シールのメリット・デメリット

男性 脇 抑える
脇汗シールの良い口コミと悪い口コミをそれぞれチェックしてきましたが、これらの情報も踏まえて、メリットとデメリットをまとめてみました。

脇汗シールのメリット

まずは「フィット感が高い」という点。汗脇パッドは服につけるので脇との間にすき間があいてしまい、汗がしたたってしまうこともあります。
その点、脇汗シールは肌に直接貼るのでフィット感が高め。
実際、口コミも朝から夜までつけていても剥がれなかったという声が見受けられました。

次に「周囲にバレにくい」というポイント。
ワキガの人は匂いだけでなく、シャツにできた汗染みが黄ばんでしまうのも悩みのひとつ。
職場や学校の制服は真っ白なシャツであることが多いので、黄ばみが気になって出かけるのがおっくうという人も少なくありません。

脇汗シールなら黄ばみの原因となる脇汗も抑えられますし、シール自体も薄くて服に響きにくいので、薄着の季節でも安心して使用できます。

最後に「においを抑えられる」という意見。汗そのものは無臭ですが、時間が経つと皮脂と混ざり合って酸化し、嫌なにおいを発するもとになります。

脇汗シールを使えば汗そのものをブロックできるので、汗臭のしない快適な体をキープできます。

脇汗シールのデメリット

多く散見された意見に「うまく貼るのが難しい」というものがあります。
脇汗シールは手軽に使える反面、肌に直貼りするので慣れないうちはきれいに貼るのがやや難しいと言えます。特に空気が入ったりするとヨレや剥がれの原因になりますので、何度か試してみてきれいに貼るコツをつかむことが大切です。

さらに「はがすときに痛い」という意見。肌に貼ったテープを剥がす時に緊張、みなさんわかりますよね?それは脇汗シールも同様です。特に脇汗シールは、フィット感が高いので剥がれにくく、そのぶん剥がす時に皮膚が引っ張られて痛いと言われています。

痛みには個人差がありますし、何度か使っていると慣れるという意見もありますが、脇は皮膚が薄いところなので痛みを感じやすい傾向にあるようです。

最後に「きれいにカットしにくい」という声。ロールテープ型の場合、自分で好きな長さにカットして使うのですが、はさみでカットしづらい場合もあるようです。
切りにくいなと思ったら、誰かにテープの端と端を引っ張ってもらうか、あるいは端をテーブルなどに貼り付けて少し伸ばしてからカットするときれいに切りやすくなります。

脇汗シールは薬局ではあまり売っていない

薬局

脇汗シールは多くの人に愛用されている人気アイテムですが、実は薬局などではあまり取り扱っていません。

基本的にはネット通販などで購入するしかないので、必要な場合は早めに注文するようにしましょう。

脇汗シールのおすすめ3選

脇汗シールはいろいろなメーカーから販売されていますが、今回はその中でも特におすすめの以下の商品を紹介します。

商品名 特徴 価格 容量
サラーリ ヌーディワキフィルム 特殊透明フィルムで目立ちにくい 1,008円(税込)〜 20枚〜
ワキに直接貼る 汗とりシートロール 無駄なく使えるロールタイプの脇汗シール。 1,841円(税込) ロールタイプ(横5.5×300cm)
汗脇パッドリフ 吸水速乾性に優れた「Aquair(R)」を使用 561円(税込)〜 20枚〜

①サラーリ ヌーディワキフィルム


サラーリ ヌーディワキフィルム

画像引用元:amazon.co.jp サラーリ ヌーディワキフィルム

薬局やドラッグストアで購入できる数少なく脇汗シールです。0.012mmという極薄&伸縮性に優れた特殊フィルムを採用しており、脇にぴったりフィットして気になる汗の悩みを解消します。

②ワキに直接貼る 汗とりシートロール


汗とりシートロール

画像引用元:amazon.co.jp 汗とりシートロール

無駄なく使えるロールタイプの脇汗シール。好きなサイズにカットすれば脇以外の部位にも使えます。直接汗を吸い取るからワキガ対策にも有用です。

③汗脇パッドリフ


リフ あせワキパット

画像引用元:amazon.co.jp 脇汗パッドリフ

吸水速乾性に優れた「Aquair(R)」を使用している脇汗シール。消臭成分「柿タンニン」を配合しており、汗だけでなくにおいも抑えられると口コミでも評判です。

脇汗シールは制汗剤と併用するのがおすすめ

ロールオンタイプ
脇汗シールは貼ってはがすだけの便利アイテムですが、大量に汗をかくとカバーしきれないこともあります。

より確かな効き目を実感したいのなら、脇汗シールと一緒に制汗剤を併用するのがおすすめ。

制汗剤の種類は多種多様ですが、脇汗そのものをブロックできる製品を選ぶとよいでしょう。

【私のイチオシ】デトランスα

デトランスα
画像引用元:デトランスα 公式通販サイト

長年脇汗に悩まされてきた私がおすすめしたいのは、デンマーク発の塗る制汗剤デトランスα」。

汗腺の中で制汗物質を作成することで、汗の出入り口にフタをするという画期的な製品で、さらっとした脇をキープできます。

塗るタイプなので脇全体をカバーしやすく、しかも使用するのは就寝前の1回でOK。

夜塗って、朝に脇汗シールを貼っていけばWの効果が期待できますよ。無香タイプなので女性も男性も使いやすいのが魅力です。

この記事を書いた人

センターグローブ