脇汗を止めるクリームはどんなものがあるの?厳選した市販薬ランキングを紹介!

市販薬ではそもそも脇汗を止めることが出来ない!

脇汗に悩むメンズ

夏の暑い時期になると気になる脇汗。
満員電車や冬の暖房などで予想外のタイミングで汗が出ることもあり、季節関係なくお悩みの方も少なくありません。
脇汗は自分自身が不快なだけでなく、洋服の汗染みや脇のニオイなど、周りの目も気になるので深刻な悩みになりがちです。

脇汗の対策には手軽に購入できる市販薬を使用するのが一番手っ取り早いように感じますが、実は市販薬では脇汗を完全に止めることはできないということをご存知でしょうか?

市販品には有効成分の濃度制限がある

濃度成分のイメージ

国内で市販されている制汗商品には「医薬品」は存在せず、「医薬部外品」もしくは「化粧品」に分類されます。
医薬品と医薬部外品は、どちらも効果効能や有効成分を表記することができますが、大きな違いは有効成分の濃度制限の有無です。

例えば、非常に高い制汗効果を持つ「塩化アルミニウム」は、汗腺を委縮させる収れん作用に優れており、皮膚科の多汗症治療でも使用されている成分です。

しかし、クリニックで使用される医薬品の塩化アルミニウム濃度が20%前後であるのに対し、市販の医薬部外品に配合できる濃度は薬事法により13%までと定められているのです。

脇汗がひどい人には効果がない

匂いが気になる女性

軽度の脇汗なら、市販品で期待通りの改善が見込める場合ももちろんあるでしょう。

しかし、ひどい汗染みやニオイが気になるレベルの脇汗にお悩みの場合は、市販品で十分な効果を実感することはなかなかできません。

「脇汗を完全に止める」というような劇的な効果は期待できないと考えて良いでしょう。

市販薬で脇汗対策するならクリームタイプがおすすめ

いい匂いクリーム

市販の制汗商品は、使い方によっても様々なタイプに分かれます
「病院に行く前にまずは市販品を試してみたい」という場合には、どのタイプを使用するのが一番効果的なのでしょうか?

市販のスプレータイプ、シートタイプ、クリームタイプ、ロールオンタイプ、スティックタイプの5種類の中では、クリームタイプの商品を使用するのが最もおすすめです。

スプレータイプなどと比べて制汗成分が浸透しやすい

浸透イメージ

クリームタイプの一番のメリットは、直接肌に塗りこんで密着させることで、汗をかいても成分が流れにくく、有効成分が肌内部にじっくりと浸透しやすいということです。

人気のスプレータイプは清涼感が得られるため効果が高いように思われがちですが、実際には成分が表面に吹き付けられるだけで肌内部には浸透しないので、汗を止める効果はほぼ期待できません。

無香料で消臭・制汗効果に秀でたものが多い

無香料クリーム

多くの制汗商品は汗のニオイ対策として香料を配合していますが、汗が止まらない状態でいくら良い香りをプラスしても意味がありません

場合によっては脇汗のニオイやワキガ臭と香料が混ざり合って、より不快なニオイになってしまうことも…。

クリームタイプなら、制汗・消臭成分が肌に浸透して効果がしっかり実感できる上に、余計な香りが配合されていない無香料の商品が多いので、ニオイの悩みを解決するための心強い味方となってくれるでしょう。

患部に直接当てないため長く使える

いい匂い女子

ロールオンタイプやスティックタイプの制汗商品は患部に直接塗ることで効果が高いとされていますが、テ汗や雑菌が本体に付着したままになりがちで、衛生面での問題が気になります

クリームタイプはスパチュラが付属しているものも多く、使用する分だけを取り出して塗るので、汗や雑菌が容器内に入り込む心配はありません
最後まで気持ちよく使い切ることができるのも、クリームタイプの利点といえるでしょう。

コンパクトで男性、女性ともに持ち歩きやすいデザイン

持ち歩きイメージ

今までは持ち運びに不便と思われていたクリームタイプも、手軽に持ち運びができるコンパクトな商品が増えています

さらに、男女ともに使いやすいパッケージにこだわり、一見制汗剤とわからないようなシンプルでおしゃれなデザインの商品も多く発売されています。

周りの目を気にせずに脇汗ケアしたいという方にとっても、クリームタイプは非常におすすめです。

制汗クリームと脇汗対策インナーと併用することで脇汗を止めることが可能

インナーメンズ

汗クリームの効果をより高めるには、汗を肌に残さず、常に清潔に保つことが重要制です。
そのためには、脇に汗取りパッドが付いた「脇汗対策インナー」との併用がおすすめです。
脇汗インナーなら、従来の脇汗パッドのようにずれたり他人にバレたりすることもなく、汗を吸収・速乾し、雑菌の繁殖を防いでくれます

また、消臭機能に優れたものも多く、脇汗のニオイ対策にも効果的です。Tシャツタイプやキャミソールタイプなど形も様々なものが販売されており、夏のおしゃれを我慢しなくていいのも嬉しいポイントです。

脇汗を止める市販品グッズランキング(クリームタイプ)

ランキング

ここからは、数ある市販の制汗クリームの中から、脇汗対策に特に高い効果が期待できる商品を3つ厳選し、ランキング形式で紹介します。

それぞれの特徴を比較し、自分にぴったりな制汗クリームを探してみてください

1位:ノアンデ

ノアンデ

堂々1位に輝いたのは、「ノアンデ(NOANDE)アドバンスド トランスパ」です。
メディア掲載実績多数、シリーズ累計売上40万個を突破した大ベストセラー製品です。

人気の秘密は、汗の量をコントロールし、雑菌の繁殖を抑制する独自技術「ディーシールドテクノロジーW-EX」。
汗で流れにくい2つの有効成分が肌内部にじっくり浸透し、根本から改善を働きかけます。
無添加処方にこだわり、肌を整える天然由来成分をたっぷり配合しているので、敏感肌や思春期のデリケートな肌でも安心して使える仕様です。

2位:フレナーラ

フレナーラ

2位にランクインの「フレナーラ(frenar)」は、手汗対策に特化した商品ですが、脇汗の制汗効果も高いと話題になっています。
制汗成分として肌荒れの心配が少ないクロルヒドロキシアルミニウムを配合。
従来の制汗剤ではかゆみや赤みが出て使用できなかったという方でも、安心して効果を実感できるのが魅力です。
サラサラの使用感で塗った直後もべたつかず、暑い季節も気持ち良く使えます。

シンプルなデザインとコンパクトなサイズ感で、外出先でも気軽に塗り直しできるのもポイントです。

3位:8×4 ワキ汗EX クリームカプセル 無香料 6コ入

画像引用元:amazon.co.jp8×4ワキ汗EX

3位の「8×4 ワキ汗EX クリームカプセル」は、両脇1回分のクリームがカプセルに詰まった新感覚の制汗剤。
使用の度に新しいカプセルを開封するので、常に衛生的です。

固めのクリームを指で押しつぶす作業が面倒だという声もありますが、その分しっかりと制汗・抗菌成分が肌に密着し、サラサラ快適な状態を保ってくれます。

【PR】脇汗がひどい方にはデトランスαがおすすめ!

市販のおすすめ制汗クリームを紹介しましたが、ひどい脇汗でお悩みの場合は市販品では十分な制汗効果が得られず、「市販品よりも効果の高い商品が欲しい!」という方もいるでしょう。

そんな方におすすめなのが、ヨーロッパで人気No.1を誇る強力デオドラントの「デトランスα」です。

輸入製品なので規定以上の制汗成分が配合

輸入イメージ

デトランスαは、医療先進国として知られるデンマーク発の制汗剤です。

日本未入荷のため、強力な制汗作用を持つ有効成分「塩化アルミニウム」を薬事法の規定以上の濃度20%で配合

これは、日本国内では多汗症の治療に用いられる医薬品と同等の高濃度です。

この高濃度成分の働きによって、国内の市販品では効果が得られなかったという人からも「脇汗がぴたっと止まった」と高評価を獲得しています。

リピート率92%というのも頷けますね。

脇汗を止めたい方だけでなく、臭いが気になる方にも使える

匂いが気になる女子

デトランスαは、脇汗だけではなく、脇のニオイ対策にも非常に効果的です。

欧米人のワキガ率はなんと9割と言われており、ニオイに対する研究は日本以上に盛んに行われています。

長年のノウハウと最先端の技術を結集させて開発されたデトランスαは、アポクリン汗腺の内部に働きかけてニオイの原因となる汗をしっかり抑制してくれるのです。

その効果の高さから、海外のクリニックではデトランスαを推奨している医師も多く、ワキガで悩む多くの人の救世主となっています。

この記事を書いた人

ランサーズ