メンズにおすすめの強力な制汗剤は?どのタイプがおすすめ?

汗臭くなってしまう原因は?


汗をかくことには、身体の体温を下げて適温にするといった効果があり、体温調節の役割りを果たしているため、人間が生きていく上で必要なことです。
この体温調節の役割りをする汗はエクリン汗腺と呼ばれ、このエクリン汗腺は全身にありますが、とくに脇・額・手足の部分に多く存在しています。
エクリン汗腺から出る汗の成分の90%以上が水分、残りの約10%は塩分なので、ほとんどニオイはなく汗そのものは無臭です。しかし、皮膚の常在菌が皮脂や汗を分解ことで汗特有の嫌なニオイが発生します。これが俗に言う「汗臭い」と感じる原因なのです。
また、汗腺は二つの種類に分けることができ、エクリン汗腺のほかにアポクリン汗腺というものがあります。ワキガ臭はこのアポクリン汗腺から出る汗が原因といわれています。
アポクリン汗腺から出る汗には、多くのタンパク質などが含まれているため、細菌にとって栄養豊富な汗になります。この栄養豊富な汗を、皮膚の常在菌が分解するさいにワキガのニオイを発生させるのです。

メンズ向きの制汗剤の種類


暑くなると電車やエレベーター内などでとくに気になる汗臭。
一般的に自分のニオイには気が付きにくいといわれていますが、脇汗や汗臭対策は行っていますか?
ここでは、汗や汗臭が気になる季節におすすめの強力な制汗剤をタイプ別に紹介します。ほかにも汗やニオイの原因や制汗剤の効果、正しい使い方にも触れているので参考にしていただければ幸いです。

クリームタイプの制汗剤の特徴

クリームタイプの制汗剤は、指に出して肌に直接塗り込む制汗剤です。
クリームならではの伸びの良さが特徴で、指で塗ることで肌にしっかり密着させることができるので、数ある制汗剤のタイプの中でも、抜群の消臭持続力をほこるといわれています。
また、製品によっては撥水作用に優れているタイプもあり、汗をかきやすい時期やレジャーシーンに活躍します。
さらに、他の制汗剤に比べると無香料で肌への負担が少なく、かゆみやかぶれの心配がないため、デリケートな肌質の方におすすめです。
クリームタイプの制汗剤のデメリットとしては、手や指が汚れてしまうことがあげられます。塗るたびに手を洗う手間はかかってしますが、肌への優しさを求める人はクリームタイプを使用しましょう。

おすすめの症状・効果的な使用方法

クリームタイプの制汗剤は、ほかの制汗剤と比べて無添加なものが多いため、長時間の消臭効果が期待できる上に、肌に優しいというメリットがあり、ワキガ対策やニオイ対策として長期間使い続ける方にもおすすめです。
とくにワキガ臭の場合、クリームタイプの制汗剤は直接脇に塗りこみ、ニオイに蓋をすることができるので、ほかの種類の制汗剤よりも長時間の消臭効果が期待できるといわれています。
また、クリームタイプの制汗剤の効果的な使用方法としては、朝や外出前にニオイが気になる部分だけに適量を塗布し、広範囲に使用することはしないで、帰宅後はなるべく早めに濡れたタオルで拭き取ったり、シャワーですばやく洗い流したりするようにしましょう。

どのような商品がある?

ワキガや汗臭対策なら「クリアネオ」

クリアネオ
感想記事:クリアネオ 雑菌を抑えてワキガ・脇汗、足のニオイに効果あり
クリアネオの購入はこちら
ワキガ対策や汗臭、男臭に悩んでいる人には、クリアネオがおすすめです。
クリアネオには、ワキガ臭や汗臭の原因菌を99%殺菌する成分が入っています。菌の活動がおさまれば、ニオイは劇的に緩和さます。また、殺菌成分以外にも、汗を抑える成分や、抑えきれずに出てしまった臭い物質を消臭する成分も配合されています。

手軽に購入できる「リフレア デオドラントクリーム」

メンソレータム リフレア
脇のニオイが何となく気になる程度の方には、「リフレア デオドラントクリーム」がおすすめです。こちらの商品は、高密着処方だけあり、消臭力の高さはぐんを抜いています。また、クリームの出口が狭く、適量をとりやすいのも魅力です。メーカー公式で“小学生の使用もOK”としているほど、肌への負担を軽くすることにこだわって作られています。

ロールオンタイプの制汗剤の特徴

ロールオンタイプの制汗剤には、容器の先についている球体で汗腺に直接はたらきかけることができるため、強力な制汗力があります。また、手を汚さずに制汗剤をきれいに塗り込むことができ、塗りムラが生じにくいのがメリットです。
スプレータイプなどと比べると、制汗作用が長時間持続しやすいのも嬉しいポイントですが、デメリットとして乾くまでに時間がかかる点や、直塗りした球体部分を何度も使用するので、スプレータイプに比べて衛生的な面でやや劣ることもあります。ロールオンタイプの制汗剤の使用前は、ボディシートなどであらかじめ皮膚を殺菌しておくと良いでしょう。
制汗作用が長く続くタイプを求めている人や、持ち運びしたい人におすすめです。

おすすめの症状・効果的な使用方法

ロールオンタイプの制汗剤は、容器の先についている球体を使って肌に直接塗ることができるデオドラントです。そのため、肌に成分がよく密着し、使用感はサラリとしているため、汗をたくさんかく多汗症の方におすすめです。
また、ロールオンタイプの制汗剤はできるだけ清潔で、汗をかいていない肌に使用することが良いとされているため、夜の入浴後に塗り、朝シャワーで洗い流したりふき取ると良いでしょう。すでに汗をかいている状態で制汗剤をつけたい場合は、先にボディシートなどで汗や汚れをぬぐってからつけるようにしましょう。
しかし、殺菌作用のある制汗剤を1日に何度も使用すると、肌を必要以上に滅菌してしまい、かえって菌やカビが繁殖しやすくなりニオイが強くなるおそれもあります。そのため、あまり頻繁な塗り直しはおすすめできません。

どのような商品がある?

とにかく脇汗をおさえたいなら「デトランスα」


【2018年】脇汗グッズ人気ランキング|50種以上試してわかった本当のおすすめ!
デトランスαの購入はこちら

ダラダラと流れる脇汗や、汗ジミをストップしたい人にはデトランスαがおすすめです。
デトランスαを夜塗って、朝洗い流すことを数日くりかえすうちに、汗腺のフタが完成し、塗布した部分の汗は、驚くほどおさえられます。一度汗腺のフタが完成すれば、その後しばらくは塗布なしでも効果が続くので、その点もデトランスαのおすすめポイントです。

薬局で購入できる「AGデオ24 デオドラントロールオンEX」

deo24ロールオン
デオドラントロールオンEXは、塗った後の乾きが早く肌もサラサラ。IPMP成分がイヤなニオイの元になる菌を殺菌し、ミョウバン成分が汗を抑えながら、かいた汗をパウダーが吸着吸収してシャットアウトしてくれます。

スティックタイプの制汗剤の特徴

スティックタイプの制汗剤は、制汗力が強く、消臭効果が長持ちする商品が多いことが特徴です。スプレータイプやシートタイプの制汗剤と違って、肌にスティック状の制汗剤を押し付けながら使用するので、ニオイの元に直接浸透し抜群の消臭効果、制汗効果を発揮します。
また、商品が比較的小さいため持ち運びやオフィス、旅行先にも手軽に持っていけるのも便利ですね。
しかし、消臭効果や制汗効果、持ち運びに優れている反面、スティックという形状のため、広範囲の塗布には向いておらず、手の届く範囲にしか使用できないのが難点です。また、スティックタイプの制汗剤は肌に触れる面積が少ないので、塗りムラが生じる場合があります。使用する際は塗りムラのないように注意しましょう。

おすすめの症状・効果的な使用方法

汗をかく量がとにかく多く、嫌なニオイをきちんと消臭したいという方には、スティックタイプの制汗剤をおすすめします。
上記でもご紹介しましたが、スティックタイプの制汗剤は肌に直接塗りこむことができるため、制汗効果や消臭効果が他の種類の制汗剤に比べて高いのです。
さらに、スティックタイプの制汗剤は手や指を汚す心配や粉が舞うこともないため、どこでもサッと塗りなおすことができます。
スティックタイプの制汗剤の効果は、汗をかく前に使用することで、その実力を存分に発揮します。夜寝る前や朝起きてすぐ、お風呂上りなど、清潔な素肌にあらかじめしっかり塗りこんでおくことで、ワキ汗や気になるニオイを未然に防ぐことができます。

どのような商品がある?

ニオイを元から防ぐなら「デオナチュレ男ソフトストーンW」


「デオナチュレ男ソフトストーンW」は、有効成分天然アルム石成分配合で殺菌作用が強いのが特徴です。
さらに、毛穴引き締め効果があるためニオイを元から防ぐことができます。

清涼感がおすすめの「デオナチュレソフトストーンW」

ソフトストーンW
デオナチュレソフトストーンWにはメントールが配合されており、スッとした清涼感のある付け心地で、暑い季節も快適に使用できます。アルコールフリーなので、お肌が弱い方でも安心して使えます。
汗をかく前にこちらをさっと塗っておけば、長時間消臭効果が持続するので、毎日使いにもぴったりです。

スプレータイプの制汗剤の特徴

スプレータイプの制汗剤はニオイが気になる部分に、スプレー状になっている制汗剤をシューッと噴きつけるタイプの制汗剤です。制汗だけでなく殺菌成分の効果がある制汗剤も年々増えてきています。
ほかの種類の制汗剤と比べると即効性がある上、より広範囲に使用することが可能なのがスプレータイプの制汗剤のメリットです。またパウダースプレータイプなどもあり、サラサラした肌触りやひんやりとした効果を得ながら汗を抑えたい人におすすめです。
しかし、広範囲に渡り制汗効果が得られる反面、クリームタイプやスティックタイプの制汗剤などと比較すると、制汗の持続効果が長く続かないというデメリットがあります。とはいえ、手を汚さずに片手で広範囲に制汗剤を行き渡らせることができるので、面倒くさがりな方には最も手軽でおすすめの制汗剤です。

おすすめの症状・効果的な使用方法

スプレータイプの制汗剤は、ほかの種類の制汗剤と比べて持続力は低いものの、シューッと噴きかける爽快感による満足度は高いようです。近年、メンソール配合の制汗剤も増えており、汗を素早く抑え涼しく感じる効果がある商品も増えています。
スプレータイプの制汗剤を効果的に使用したい場合は、汗拭きシートなどでしっかりと汗を取り除いてからスプレーをしましょう。上記の理由から、入浴後の清潔な状態でのスプレーが一番効果が高いとされています。

どのような商品がある?

香りの良さが評判の「アックスドライ デオドラントスプレー」

アックス制汗剤スプレー
アックスドライ デオドラントスプレーは、90%以上の女性が良い香りと実感したという実験結果を持つほど香りの良さがウリの制汗剤です。汗を抑えるだけでなく、しっかりと香りにまで気を配ることができます。スプレータイプですが持ち運びやすいサイズなので、仕事でもプライベートでも大活躍する制汗剤です。

爽快感で選ぶなら「AGデオ24メン メンズデオドラントスプレーN無香性」


メンズデオドラントスプレーN無香性は、男の汗やアブラ対策として作られた商品です。殺菌作用に優れているため、汗のニオイをしっかり防臭します。
この商品のおすすめポイントは何といっても、クール感や爽快感が持続するところ。汗を吸着する成分も配合されているので、汗ばむ季節も安心して使えます。

シートタイプの制汗剤の特徴

シートタイプの制汗剤は、気になるニオイ物質を直接シートで取り除きつつ、殺菌・制汗が可能な優れものです。ほかの種類の制汗剤と比べると、ニオイや制汗効果は持続しないため、汗をかいたあとのお手軽ケアとして使用することをおすすめします。
使用時にひんやりするものやサラッとするもの、香り付きのものなどさまざまな種類の商品が売り出されていますので、使用する場所やタイミングにあわせて自分にぴったりの商品を選びましょう。

おすすめの症状・効果的な使用方法

シートタイプの制汗剤は、外出先での汗によるべたつきの解消や、すでに出てしまっている臭いの緩和などに使用することをおすすめします。
汗をかいたらすぐに臭うというイメージがありますが、雑菌が繁殖し嫌なニオイになるのは1時間~2時間後。汗がベタベタしてから拭くよりも、ジワっと汗ばんだ段階で拭き取ると効果が高まります。
しかし、汗が吹き出るからといって頻繁に使用すると肌を痛める原因になってしまいます。使用枚数や頻度が多くなれば、そのリスクはより高くなりますので注意が必要です。

どのような商品がある?

肌のべたつきを抑えるなら「AGデオ24 メンズボディシート」

エージーデオ24 メンズ ボディーシート 無香性
メンズボディシートは、男性の汗やアブラ、ニオイを落とし、皮脂のべたつきを抑える“サラサラパウダー”を配合しているため、拭いた瞬間にべたついていた肌が一気にサラサラになります。

肌が弱い方におすすめの「キュレル スキンケアシート」

キュレル スキンケアシート 10枚
キュレル スキンケアシートは、敏感肌や赤ちゃんにも使えるシートです。メントール成分は入っていないため爽快感はないものの、清潔な肌を保つのに最適です。
シートを使うごとに肌に潤いを与え、肌荒れや汗もを防ぐ効果もあります。

自分の肌に合う制汗剤を選びましょう

クリーム・ロールオン・スティック・スプレー・シートと5タイプ別のメンズ用制汗剤をご紹介しました。
制汗剤を選ぶポイントは、制汗力や防臭力はもちろんのこと、自分の肌にあっていることや、長く続けられるものを選ぶことも大切です。
同じメーカーやブランドからも、さまざまなタイプの制汗剤が出ているため、いろいろなタイプを試し、自分の症状や肌に合う商品を選ぶとよいでしょう。
また、制汗剤は一度開封すると酸化が始まるため、性質が徐々に劣化していきます。十分な効果を発揮し、悩みを解消するためにも、衛生的に保つことはもちろん、ワンシーズン中に使い切るように心がけましょう。

この記事を書いた人

CROCO