多汗症に潜む病

多汗症に潜む病

一年中脇汗に悩まされる人の場合、多汗症を疑うことでしょう。
多汗症とは、気温などに関係なくワキや手のひら、足の裏や背中などに大量にあせをかいてしまう症状が主です。

特に脇汗を大量にかいてしまう人の場合、その後ワキのニオイが気になることでしょう。これまでにも、こまめににデオドラント商品を使いワキのニオイケアを心がけてきた人でも、未だに満足できない方におすすめのデオドラント商品がありますので、ぜひ一読ください。

その前に、多汗症の方にぜひ知っておいて欲しい情報をご紹介しますので、参考にしてください。

多汗症のような症状を引き起こす病

大量に汗をかき、困っているという人の中には、多汗症という体質以外の原因がかくれていることもあります。

いわゆる何らかの病気が原因となっている場合です。以下に多汗症のような症状を引き起こしてしまう病気について説明します。

自律神経失調症

ストレスにより引き起こされると言われている自律神経失調症は、その名の通り、自律神経のバランスが乱れてしまうことで、様々な症状が表れてくると言われています。

その中に、多汗症のように大量の汗をかくという症状も含まれています。大量の汗だけでなく、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、しびれなど多岐に渡り症状が現れることもあるようですので、自律神経失調症を疑うポイントとなるかと思います。

糖尿病

糖尿病は、レベルにより表れる症状が異なってくると言われています。特に糖尿病の初期症状として、自律神経へのトラブルが起こり、急に大量の汗をかくということもあるようです。

特に上半身の汗の量に変化があったという場合は、糖尿病による神経障害を疑ってみてください。糖尿病は、神経障害の一つとして下半身の汗がかきにくくなることもあり、代替発汗として上半身で汗をかくようになることもあるようです。

バセドウ病(甲状腺疾患)

バセドウ病は、「甲状腺疾患」とも呼ばれるのですが、甲状腺ホルモンが増加することで大量の汗が出ることがあります。

これは新陳代謝が活発になることが関係しているのですが、その他にも、手の震え、体重減少、安静時の動機や息切れなどがあれば、多汗症ではなく、この病気を疑ってみてください。

パーキンソン病

40代から50代にかけ発症率が高いと言われているパーキンソン病は、脳内に何らかの異常があることで情報伝達経路がうまく働かないため、大量の汗をかく以外にも、筋肉のこわばりや手足のふるえなどが症状として表れることがありようです。

更年期障害

更年期障害の人の場合、ホルモンバランスの乱れにより「ホットフラッシュ」という急に汗をかく症状が起こることもあるようです。

女性ホルモンバランスの乱れにより発汗やほてり、だるさや吐き気などの症状が起こってしまうので、大量に汗をかく以外のこのような症状がある場合は、一度婦人科での相談をおすすめします。

早期発見に必要な点は?

多汗症と他の病気は、大量の汗をかく以外の症状の有無が、一種の判断基準となるでしょう。しかし、実際には夏場など気温の高い季節は、誰でも大量の汗をかくこともあるため、中々病気の早期発見につながらないこともあるかと思います。

上記に挙げた多汗症と似たような症状を起こす病気の中でも、特に命の危険や家族の介助が必要になる糖尿病、バセドウ病(甲状腺疾患)、パーキンソン病は、早期発見が重要です。大前提として、きちんと1年に1度は健康診断を受けることが病気の早期発見につながります。

ワキに大量の汗が出る時の対処法

多汗症が脇汗のトラブルをなっている人におすすめなのは、「デトランスα」です。

これは、デンマークで開発された優れものの脇汗用でオドラント商品です。私も実際に使用し、他のデオドラント商品にはない効果を実感しました。

多汗症以外の病気の疑いがある場合、まずはデトランスαを使い、脇汗をケアしてあとで、その他の症状がないか判断してみてもいいかと思います。興味のある方は、ぜひお試しください。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。