汗によってできる汗疱状湿疹の原因と予防法

汗によってできる汗疱状湿疹の原因と予防法

人は誰でも肌にブツブツができてしまうことがあります。

その原因は、虫刺されやかぶれ、アレルギー反応など数多くあるのですが、中でも水虫によく似た症状が起こってしまう「汗疱状湿疹」が定期的に発生する場合は、別に原因があると考えられますので、即効性の高いケアを実践することが望ましいです。

そもそも汗疱状湿疹は、何が原因なのでしょうか?汗疱状湿疹に関連する症状などもあわせご紹介します。

こんな症状・・経験ありませんか?

  • 仕事帰りに立ち寄った居酒屋でパンプスを脱いだ直後、ものすごくくさいニオイが周囲にいる人たちに感づかれてしまった・・・。
  • 普段から靴やブーツのニオイがくさいと感じる回数が多いが、脱いだ瞬間から強烈な悪臭が漂ってしまい、恥ずかしくてたまらなかった。
  • いつも文字を書く際には、ハンカチが手放せない。理由はこまめに手のひらの汗をふき取らなければいけないからだ。
  • いつも気温に関係なく、頻繁に手のひらの汗がでてしまうのは、昔から変わらない。

これらの症状や汗にまつわる経験がある場合は、もしかしたら局所多汗症という体質が関係しているかもしれません。

局所多汗症は、生まれ持った体質ですので、特別な病気というわけでもありませんが、さらに汗疱状湿疹という症状を引き起こす可能性もありますので、即効性の高いケアを始めてください。

局所多汗症に多い汗疱状湿疹

汗疱状湿疹が足の裏にできる人の場合、かゆみも伴いやすいため、一見すると水虫と勘違いされやすいです。

しかし、汗疱状湿疹の原因は、1mmから2mm程度の非常に小さい汗疱(水泡)が無数に発生することが関係しています。これらの汗疱が自然と破れ、皮膚がめくれてしまった状態が、汗疱状湿疹です。

汗疱そのものにはかゆみといった症状がほとんどありませんが、汗疱状湿疹の場合はかゆみや痛みを伴うこともありますので、予防が大切です。

汗疱や汗疱状湿疹の明確な原因は明らかとなっていませんが、手のひらや足の裏に汗がたまってしまうことが関係していると考えられています。

そのため、局所多汗症の人の場合、他の人に比べると汗疱や汗疱状湿疹になりやすい傾向が高いと言えます。

手のひらや足裏の局所多汗症は別の症状も起こってしまう

手のひらや足の裏などに汗疱や汗疱状湿疹が起こりやすい人の場合、他の人に比べ汗による別の症状に悩まされることもあります。

そのため、症状のレベルに合わせた対処が必要です。

手のひらの場合は、頻繁に汗がでていることで、恋人と気軽に手をつなぐことができません。

汗のべたつきが相手に嫌われてしまう可能性がありますので、付き合い始めの恋人との初てづなぎに勇気が必要になることもあります。

また、汗が常に手のひらに触れていることで、どうしてもかゆみを起こしやすくなってきますし、手のひらを頻繁にかきむしることで傷つきや炎症の可能性もあります。

足の裏の汗に悩まされる人は、靴を脱いだ時の悪臭が悪化しやすいです。

そのため、靴やパンプスの履きつぶし期間も通常に比べ短くなってしまいやすいですし、靴下やストッキングの買い替えも非常に短いスパンとなってしまうこともあります。

これらの手のひらや足の裏に発生しやすい特別な汗は、日頃から即効性の高い予防を心がけたいものです。

汗疱状湿疹の治療法は?

汗疱状湿疹が一度発生したなら、すぐに皮膚科を受診してください。素人判断でかきむしってしまうと、その後悪化してしまう可能性もあります。

皮膚科では、医師の診断の元、ステロイド外用薬とサリチル酸で起こっている炎症を抑える方法と、かゆみを抑える抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤もプラスすることもありますが、即効性の高い治療法になりますので、汗疱状湿疹が出たなら、まずは皮膚科と覚えておいてください。

デトランスαは、汗疱状湿疹予防におすすめ!

デトランスαは、足の裏や手のひらの汗に悩まされている人にぴったりのデオドラントです。

通常の汗とは違い、局所多汗症が原因で大量の汗が出てしまう人なら、直接汗が出る汗腺にアプローチできる専用品が必要になります。

デトランスαは、手のひらや足の裏だけでなく脇汗に悩まされる人にもぜひ使って欲しい即効性が期待できますので、頻繁に汗疱状湿疹に悩まされている人は、ぜひ一度お試しください。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。