片方の脇汗がひどい場合

片方の脇汗がひどい場合

脇汗のニオイが気になる人の場合、毎日外出時にはデオドラント商品が手放せないものです。夏場だけでなく、冬の気温が低くなる季節になると、いつも以上に脇汗によるニオイが悪化してしまうと感じることもあるでしょう。

そんな多汗症体質の人の中には、左右の脇汗のニオイが明らかに違い、片方の脇汗とニオイがひどい!と感じることもあるようです。自分のワキのニオイであるにも関わらず、なぜ左右で違いが発生するのでしょうか?

納得の原因をご紹介しますので、脇汗のニオイケアをしたいという方向けのデオドラント商品とともにぜひ参考にしてください。

左右におけるニオイレベル差の原因は?

脇汗のニオイに翻弄される人にとっては驚きの事実ですが、実は汗はもともと無臭です。多汗症やワキガの人とは違い、一般的な体質の人の場合、ワキに汗をかいた所で、ニオイがそれほど気になりません。

脇汗のニオイがクサくなるのは、ワキの下にあるアポクリン汗腺が関係しています。
と言ってもアポクリン汗腺そのものがニオイの原因ではなく、その数が一般的な人よりも多いために、脇汗のニオイがひどくなると言われています。

例えば右の脇汗が特に臭うという人の場合、多くは聞き手が右ということが言えるようです。
利き腕は、反対側の腕よりも使用頻度が高くなってしまいますので、左右の脇汗ニオイに違いが出てくるということが言えるかと思います。

また、実際にワキの下を切開してみないと実証はできないのですが、利き腕ワキの下には反対側よりもアポクリン汗腺の数が多い傾向があるようです。
これも、普段から利き腕を頻繁に使用することから、血流がアップし、アポクリン汗腺が発達すると考えることができます。

さらに人によっては左右のワキにより、アポクリン汗腺の大きさも若干ながらに異なってくるとも言われています。
脇汗の量やニオイが左右で違うという人は、体質であることが原因として考えられるようです。

対処法

片方の脇汗とにおいがひどい場合には、どのような対処法があるのでしょうか?
通常脇汗に悩む人の多くは、ワキの除菌を頻繁に行い、デオドラント商品でニオイケアをするでしょう。お風呂では、お肌に優しい弱酸性の除菌タイプの石鹸などを使い、入念にワキの下を洗っていることでしょう。

この対処法は、片方の脇汗のみ驚くほどひどいという場合にも、効果が期待できます。ただ脇汗の量とニオイレベルが異なっているというだけの違いですので、対処法にも大きな違いはありません。

また、脇汗やニオイは、食生活や生活習慣によっても左右されることがあります。デオドラント商品を使った脇汗とニオイのケアと共に、食事内容の見直し、さらには汗腺トレーニングなど、入浴方法を変えれば、確実に脇汗の量やニオイに変化を感じることでしょう。

デオドラント商品を選ぶ基準

片方の脇汗とにおいがひどい場合は、やはり手軽に利用できるデオドラント商品の存在が欠かせません。特に最近では非常に魅力的なキャッチコピーでデオドラント商品を購入時には迷ってしまうという人も多いのではないかと思います。

ニオイで選ぶ人もいれば、ずばり無臭タイプで効果が基準であるという人もいます。

かくいう私もこれまで脇汗に悩まされた経験があるのですが、ありとあらゆるデオドラント商品を試した経験があります。一時的にニオイが軽減されたものもあれば、ワキに塗りつけた時のみ効果を感じる詐欺に近いものまでを実際に使用してきた私がデオドラント商品を選ぶ基準は、ずばり!脇汗を驚くほど止める効果のある商品です。

そんな商品はあるのか?と驚かれる人もいるかと思いますが、「デトランスα」がまさに夢のようなデオドラント商品です。
これは、私がこれまで使用してきた中で、一番絶賛する脇汗ケア商品です。

特に脇汗の多汗症の人や、ワキガに悩む人むけの商品となっていますので、片側のみ脇汗がひどいという人や、ニオイが辛いという人にこそぜひ一度使ってみて欲しいと思います。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。