ひどい脇汗を抑えたい!市販の制汗剤ランキング

ひどい脇汗に悩まされている方は意外と多いもの。しかし、デリケートな問題であるため、なかなか周囲に相談できずにいるケースがほとんどです。脇汗がひどいと人に会うことを避けるようになったり、積極的に行動できなくなってしまうこともあるため、できる限り改善することが大切です。そこで、今回は効果の高い市販の制汗剤をランキング形式でご紹介します。

通常の脇汗対策で止まらない?脇汗がひどい3つの原因

誰しも脇汗はかくものですが、人によっては一般的な脇汗の量以上の脇汗をかくこともあります。それはいったいなぜなのでしょうか。

肥満や運動不足などの悪い生活習慣

意外にも知られていないのが生活習慣の影響です。不規則な食生活による肥満や運動不足などの悪い生活習慣は脇汗の量を増やしたり、イヤなにおいが強くなったりなど、コンプレックスを深刻化させてしまう原因でもあります。

健康的な生活を送ることが脇汗対策の基本でもあるため、自分の生活習慣を振り返ることは大切です。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れも脇汗の大きな原因です。ホルモンバランスが乱れると自律神経に影響してしまい、大量の汗の分泌や汗のにおいを強めることにつながります。

上述した「生活習慣」の影響でもホルモンバランスは乱れるため、規則正しい生活や食事内容、適度なリラックスタイムの導入などを検討しましょう。

過度の緊張やストレス

過度の緊張やストレスも脇汗の原因の一つです。例えば、大切なプレゼン前に脇汗がどっと出てきたり、仕事の日だけ脇汗が多いなどの場合は、緊張やストレスが原因で脇汗が増えているという可能性があります。

適度にストレス発散をしたり、仕事のことを忘れる時間を作ることが大切です。

体質や遺伝で汗が多く出やすい場合も

あまり多いケースではありませんが、体質や遺伝で汗が多く出やすいということもあります。この場合は、上述した生活習慣の改善やストレス発散などでは解消することが難しく、根本的な解消を求めるのであれば、医療機関に相談する必要があります。

ただし、医療機関で本格的な治療を受けなくても、制汗剤で対処することは可能であるため、まずは気軽に薬局などで販売されている制汗剤を試すことがおすすめです。

【結論】市販の制汗剤では、脇汗を止めることは出来ないが抑えることは可能である

市販の制汗剤の多くは脇汗を確実に止めることができません。これは、薬機法にて有効成分の濃度が定められていたり、肌への負担を重視していることから、効果よりも徹底した安全性を目指して開発されていることが理由です。

しかし、全く効果を実感できないということではなく「ある程度の汗」であれば抑えることは可能です。

市販制汗剤を購入する際の3つのポイント

市販制汗剤を購入する際のポイントについて解説します。

医薬部外品を選ぶ

まずは「医薬部外品」の商品を選択しましょう。民間企業が開発し販売しているものよりも効果が高いのが特徴です。

また、安全性も高いため肌トラブルを引き起こすケースは少なく、安心して使用しやすいという魅力があります。「汗の量が多くて何を使っても効果がない」という方は、医薬部外品の制汗剤を使用してみましょう。

ひどい脇汗を止めるならクリームタイプやロールオンタイプを使う

現在、スプレータイプやシートタイプなど、様々な制汗剤が販売されていますが、ひどい脇汗におすすめなのはクリームタイプやロールオンタイプです。皮膚への密着度が高いですし、塗布部分にムラができにくいため、全体的に効果を実感しやすいというメリットがあります。

簡単な脇汗対策なら無香料のスプレータイプがおすすめ

「そこまで脇汗はひどくない」「ササッと済ませられる脇汗対策が良い」という方は無香料のスプレー対策がおすすめです。スプレーはワンプッシュで脇部分に塗布できますし、塗布の際にクリームを指ですくったり伸ばしたりしないため指がべたつく心配もありません。

また、無香料を選ぶことで余分な成分を肌に付けてしまうことがなくなり、香りでごまかされることもありません。

「無香料だとにおいをカバーできるか心配…」という方がいますが、香り付きの方が返って脇のにおいと混じってイヤなにおいになるケースが多いため注意しましょう。

止まらない場合は脇汗シールや脇汗パッドと併用してみる

どんな制汗剤を使用しても脇汗が止まらない場合は、脇汗シールや脇汗パッドを併用してみましょう。この2つのグッズは、物理的に汗を抑えるため制汗剤のように「有効成分の量」で効果が左右されることはありません。

最近は透明な脇汗シールや吸収力抜群の脇汗パッドなど、使い勝手の良い商品が数多く登場しているため、ぜひ試してみると良いでしょう。

ひどい脇汗を止める!市販の制汗剤ランキング

ひどい脇汗を止めたい!という方のために、効果の高い市販の制汗剤をランキング形式でご紹介します。

【第1位】デオナチュレ ソフトストーンW

 

わきが対策としても知られる制汗剤です。汗を抑えながらにおいも抑える効果が期待できるため、「においと汗がどちらも気になる」という方におすすめです。

朝に塗布するだけで、夜まで効果が持続するため日中にこまめに塗り直す必要がありません。さわやかな塗り心地が特徴で、白くなりにくいため露出の多いファッションでも取り入れやすいです。

デオナチュレ ソフトストーンW購入ページ

【第2位】レセナ ドライシールド パウダースティック 無香性

サラサラな使い心地が特徴の制汗剤です。塗布してすぐにサラサラの状態になるため、乾かす時間は必要ありません。忙しい朝の手軽な脇汗対策にピッタリでしょう。

レセナ ドライシールド パウダースティック 無香性購入ページ

【第3位】エージーデオ24 パウダースプレー 無香料

CMでもおなじみ、シルバーのボトルが特徴の制汗剤です。長年高い販売数を誇るアイテムで、脇汗やにおいに悩む多くの方の必需品です。無香料タイプなので、香りでごまかすこともありません。

エージーデオ24 パウダースプレー 無香料購入ページ

【第4位】リベルタ QB 薬用 デオドラントクリーム

クリームタイプのデオトラント商品です。医薬部外品の商品で、効果が高く使い心地も良いのが特徴です。しかし、体質によっては肌荒れを引き起こしたり、かゆみやかぶれなどの肌トラブルを引き起こす可能性があるため、肌が弱い方はパッチテストをしてから使用することをおすすめします。

リベルタ QB 薬用 デオドラントクリーム購入ページ

【第5位】日邦薬品 オドレミン

医薬部外品の市販商品です。トロリとしたテクスチャーで、伸びが良く少量でも十分効果を期待できる商品です。
汗を効果的に止めるだけでなく、におい対策としても優秀な商品であるため、わきがに悩む方の中にも愛用者は多いです。

オドレミン購入ページ

 

ひどい脇汗にはデトランスαがおすすめ

ひどい脇汗に悩んでいる方にはデトランスαがおすすめです。市販では販売されておらず、通販限定ではありますが、効果の高さは世界が認めるレベルです。

デトランスαは医療の先進国と呼ばれるデンマークで開発されたもので、現地の人の使用率は非常に高く、脇汗対策の定番とも言われています。日本ではまだ認知度が低い商品ではありますが、脇汗に悩む人の中にはデトランスαを愛用している方が多く、現在も口コミで人気が上昇傾向にあります。
現在は普通肌の他にも「敏感肌用」の商品も販売されているため、肌の状態や体質、シーンなどに合わせて選ぶと良いでしょう。

「どの市販商品を使っても効果がなかった」「何を使っても効果が実感できない」という方はぜひ、デトランスαを使用してみてはいかがでしょうか。

デトランスα購入ページ

この記事を書いた人

サイトエンジン