【脇汗用語】続発性多汗症

続発性多汗症とは?

続発性多汗症とは
多汗症の症状が疾患など別の原因によって現れる多汗症。
全身性と局所性の二つがあり、続発性多汗症とは逆に明確な原因が不明な多汗症は「原発性多汗症」という。
引用元:汗っかきに潜む怖い病気

続発性多汗症の原因

続発性多汗症は何らかの疾患が原因で発症する。
例えば、甲状腺機能亢進症や更年期障害などによる影響でホルモンの過剰分泌や自立神経の不安定を招き、多汗症の症状が発生してしまう。

他にも薬剤の影響で多汗症が見られる場合もある。

続発性多汗症の症状

続発性多汗症の症状は全身の発汗量が増加するものと、体の一部分だけ発汗が増加するものがある。
体の一部の「局所性多汗症」には、脇の下とか手のひらといった特に汗腺が密集しているところに症状が現れる。

通常は多汗症状に加え、動悸や息切れなど多汗症の原因となっている疾患の症状が強く現れる場合があるが、特に症状が出ないこともあるためは発見が遅れる場合もある。

この記事を書いた人

uttam様