脇汗を止める方法4選!原因と対策方法を紹介

「脇汗が本当にひどくて悩んでいる」「ひどい脇汗がコンプレックスで人に会うことに抵抗がある」など、ひどい脇汗に対し深刻な悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな方のために、脇汗の原因や対策、人気商品についてご紹介します。

原因を知って正しく止める!脇汗がひどい3大原因

脇汗が酷い原因は大きく3つが存在します。まずはその原因について把握しましょう。

1.暴飲暴食や睡眠不足などによる生活習慣の乱れ

暴飲暴食や睡眠不足などのような生活習慣の乱れは自律神経の乱れにも繋がり、過剰な汗の分泌を促す原因です。実際脇汗に悩む方の多くは生活習慣が乱れているとも言われているため、まずは自身の生活状況を見直してみましょう。とくに男性は飲み会などの場に参加ことが多い傾向にあるため、ついつい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまうと脇汗を悪化させてしまうことにつながります。

2.ホルモンバランスの乱れ

生理前やなどはホルモンバランスが乱れやすい状況です。こうしたホルモンバランスの乱れも汗の分泌を促すだけでなく、精神的にも不安定になる可能性があり、上述したような自律神経の乱れにも繋がります。
悪循環に陥るため注意が必要です。

3.過度の緊張や不安、ストレス

過度の緊張状態にあったり、不安を感じている際は自分でも気が付かないうちにストレスを溜めている傾向にあります。ストレスを感じると自律神経の乱れを引き起こしてしまい、汗の分泌が増えてしまう可能性があります。30代以降の男性の場合は責任ある立場にいることも多いため、何かとストレスが多い時期です。
毎日ストレスを受ける環境にある場合は、ストレスを溜めっぱなしにしないようセルフコントロールも意識することが大切です。

体質や遺伝で汗が出やすい体質の人も

先天的な体質や遺伝で汗が出やすいという方もいます。この場合は自身で対策をするのは難しく専門機関に相談することがおすすめです。この場合は性別問わずに誰にでも可能性があるため「何をしても脇汗が改善されない…」という方は一度受診を検討してみましょう。

脇汗を止める方法4選!目的やシーンに合わせた対策を

ひどい脇汗とどのように向き合ったら良いのか分からない…という方に「脇汗を止める方法」についてご紹介します。
目的やシーンに合わせて、対策方法を選択してみましょう。

1.病院で「薬」をもらって脇汗を止める

安全に脇汗を改善したいのであれば病院で薬を処方してもらい、脇汗を抑えることがおすすめです。ただし、保険適用外となる可能性もあるため、費用は高額になることがあります。主に処方されるのは「塩化アルミニウム液」です。塩化アルミニウムを水に溶かした液体で、汗が分泌される穴を変性させる効果が期待できます。これにより汗の分泌量が減少し大量の脇汗を改善しやすくなるのです。
塗るだけなので、使用方法は決して難しくありませんが、成分が流れてしまわないよう「汗をかいていないタイミング」で塗布することが大切です。
塩化アルミニウムの他にも処方される薬はいくつか存在するため、まずはカウンセリングを受けて、自分の体質や脇汗の原因などについて調べてもらいましょう。

2.ひどい脇汗を止めるなら「手術」

季節や状況問わずに脇汗が深刻な場合は、手術で改善することができます。しかし、体への負担が大きいため、術後はしばらく安静にしておかなければなりません。
脇汗対策の最終手段として認識しておくと良いでしょう。
ちなみに、「手術は不安…」という方には、「ボトックス注射」がおすすめです。ボトックス注射は手術ではないためメスを入れることはありません。定期的に受ける必要がありますが、手軽に本格的な効果を得ることができます。
「脇汗を根本的な部分から改善したい」という方はぜひ、手術や施術を検討してみましょう。

さらに、以下の関連ページでもひどい脇汗対策の方向けに対処法をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

3.冬の脇汗を止める「ツボ押し」

冬なのに脇汗がひどい、という方もいるでしょう。そんな方はぜひ「ツボ押し」を試してみましょう。ツボの場所は「合谷(ごうこく)」と呼ばれる場所で、大きく開いた手の甲側です。人差し指と親指の付け根を線で結び、その中間地点から指1本分手首側に位置しています。
やや強めに押すことがポイントで、可能であればつまようじやボールペンなどのようにとがったもので刺激すると良いでしょう。

また、「陰げき(いんげき)」と呼ばれる部分も脇汗に効果的です。手のひらを自分に向け、小指の付け根から手首まで下り、さらに手首から1~2センチほど下に位置するツボです。強めにもんだり、ゆっくりと押しこむようにもんでみましょう。
脇汗を抑える効果的なツボなので、合谷のツボと合わせてツボ押しを行うとさらに効果を期待出来ます。

4.脇汗を止めて匂いも抑えるなら「制汗剤」

最も手軽で効果が高いのが制汗剤です。最近はクリームタイプやスプレータイプ、ミストタイプなど様々な制汗剤が登場し、それぞれのシーンや体質、趣向などに合わせてチョイスすることができます。

脇汗を止める!人気のオススメ制汗剤・対策グッズランキング

「ひどい脇汗を止めるにはどんな商品を使えばいいの?」こうした疑問を感じている方に向けて、おすすめの制汗剤や対策グッズなどをご紹介します。市販で販売されている脇汗対策グッズよりも高い効果を期待できるため、ぜひ参考にしてみましょう。

【第1位】デトランスα

まず挙げられるのがデトランスαです。制汗剤の中でも代表的な存在となりつつある商品で、脇汗に悩む多くの方の愛用品となっています。デンマークで開発された商品であるため、もともとは日本には存在しなかった商品でした。しかし、近年日本でも入荷されるようになり、日本でも認知されるようになってきた期待の商品です。

【第2位】ノアンデ

ワキガ対策として知られているノアンデ。しかし、脇汗対策としても効果が高いため、ぜひ多くの方に知っておいてほしい商品です。
ノアンデには「パラフェノールスルホン酸亜鉛」と呼ばれる成分が配合されており、この成分が汗の量をコントロールしてくれます。

【第3位】シトラスムース

サプリメントタイプで、ストレスや自立神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどからくる脇汗を解消します。
脇汗の原因が内面的な問題であった場合は、非常に効果が高い商品です。

【第4位】立体汗取りパット猛暑タイプ

たっぷりかいた汗を一滴残らず吸収してくれるのが、立体汗取りパッド猛暑タイプです。比較的厚手の汗取りパッドではありますが、装着時の違和感が少ないですし、大量の汗をスムーズに吸収してくれるため、汗っかきや猛暑日の外出でも安心です。

【第5位】クレール脇汗パッド付きシャツ

汗脇パッドがセットになった「クレール脇汗パッド付きシャツ」。吸水性が高いにも関わらず、速乾性も高いため快適な生活を送ることができます。インナーと脇汗パッドがズレにくいよう構造も工夫されているため、徹底した汗ジミ対策としてもおすすめです。

ちなみに、今回はご紹介していませんが「デトランスα」も脇汗対策にはおすすめです。

脇汗対策グッズのランキングは以下の関連ページでも紹介しているため、脇汗対策に関する情報収集をしたい方はぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人

サイトエンジン