ヨガで脇汗を止めよう!

ヨガで脇汗を止めよう!

多くの女性たちや男性をも魅了するヨガ。その発祥は4500年前に栄えたインダス文明にまでさかのぼるとも言われています。

そのスタイルや呼び名は、様々ですが、一度ヨガの魅力にはまった人たちは、インストラクターの資格取得もしてしまうほどの熱狂ぶりが見られる点でもヨガを知らない人はいないほどの人気です。

そんなおしゃれなイメージの強いヨガ、実は 脇汗が気になるあなたにもおすすめしたいわけがあります。

セレブたちの間で愛されるヨガ

マドンナ、ガガ、ミランダ・カー、ヴィクトリア・ベッカム、ジェニファー・ロペス、ドリュー・バリモア、レニー・ゼルウィガージュリア・ロバーツなどのセレブリティーたちの間では、ヨガが大人気です。

毎日のようにアップされるインスタグラムやツイッターでは、ヨガのポーズを披露するセレブたちも多く、いかにヨガがセレブリティーたちの間で人気があるかが伺えます。

一見華やかで幸せに包まれているかのように見えるセレブたちですが、一般人とは違い多くの国を越え多くの観衆たちの好機の目にさらされるという日常が、意外にも精神的なストレスとなっているとも言われているのですが、ヨガの魅力としては、精神的な要因も関係しているからこそ、このようにセレブたちの間でもますます人気が高まっているのではないかと思います。

もちろん日本においても、大女優やモデルたちがやはりインストラクターをつけてヨガ教室に通うという光景をよく目にします。

早くからヨガの魅力に引き込まれていた菅野美穂をはじめ、藤本美貴、篠原涼子、長谷川潤、、千葉麗子、安田美沙子、優香は、インストラクターとして活躍する人や、産後ダイエットとしてヨガを取り入れるなどの方法で、ヨガに関する認識が今でも少しずつ広まっています。

ヨガの魅力は計り知れない!!

ヨガは基本的にゆったりとした呼吸で無理のない範囲内でのストレッチを行っていきます。

筋トレとの違いは、筋肉に無理な負荷をかけることなく、「のばす」ことです。

そのため、運動不足、暴飲暴食などの生活習慣によって滞っていた血流や一部分で固まってしまったコリも無理なく伸ばしていきますので、継続した分体調に変化を実感できるという点が魅力のひとつです。

特に多くの女性が悩まされている肩こり、腰痛、頭痛やむくみなどの不調は、ヨガを通し柔軟な体をつくることで解消できるという期待が持てますし、激しいスポーツが苦手な女性でも続けやすい点もヨガの魅力となっています。

さらには、ヨガ独自のゆったりとした呼吸法を身につけることで、自律神経のバランスを整える効果が期待できるため、ヨガを続ければ続けるほど、体だけでなく心のケアができ、ストレス解消にもつなが るのがヨガに魅了される人たちの感想です。

無数の可能性を秘めたヨガは、独自のスタイルで教室を開くインストラクターも多く、ヨガ初心者でも通うことでヨガに触れられるため、今後もますますヨガ人口が増加することが予測できます。

脇汗とヨガの関係について

様々な魅力を兼ね備えているヨガですが、一体脇汗とはどのような関係があるのでしょうか?

実は脇汗の原因がいくつか考えられるのですが、特に40代以降になり急激に脇汗に悩まされるようになったという女性は、ヨガによる変化を実感しやすいといえます。

年齢的に脇汗が増えるというのは、おおよそですが、女性ホルモンの変化が関係しているといっても過言ではありません。

女性ホルモンは、毎月悩まされる生理や妊娠、出産に関係する大切な役割があり、加齢により少しずつ女性ホルモンの分泌量が減少することで、50代後半から60代にかけ少しずつ生理そのものや妊娠できる機能が低下するようになっています。

生理がなくなるならうれしいことではないか!と思い勝ちですが、この女性ホルモンが減少する期間には、人により更年期障害に悩まされてしまうこともあります。

更年期障害は、40代後半から始まるものと言われているのですが、今では生活習慣の変化により30代でもプレ更年期が起こってしまう女性も多く、体にどのような働きが衰えるかによっても、脇汗の量が急に増えるということもあります。

特に生まれながらに局所多汗症やワキガ体質の女性なら、さらに40代に入り 、女性ホルモンの現象が追い討ちをかけ、それまで以上に脇汗によるシミ付きやニオイなどに悩まされることも多いです。

年齢的な要因、女性ホルモンの影響で脇汗がひどくなったという女性なら、自律神経のバランスを整えられるヨガを継続することで、少しずつですが脇汗によるトラブルから解放されることが期待できます。

まずはヨガを半年間継続してみましょう

40代以降になり急激に脇汗の量が増えた、ニオイや服へのシミ付きが目立つようになり困っているという人は、ヨガを最低でも半年間は継続してみてください。

単なるストレッチとは異なり、ヨガには正しいフォームと呼吸法が重要となります。

特に呼吸法に関しては、具体的に解説された本を参考にしても中々身につきにくい人もいますので、可能であれば体験教室などを利用し、自分が通いやすいインストラクターを探してみてもいいかと思います。

毎日継続するのが理想ではあるのですが、まずは正しいフォームと呼吸を徹底的に自分の体に叩き込む意味でも、半年間継続する!これに尽きます。

40代といえば多くの女性が育児、仕事、家事に追われ急がし日々を送っているかと思いますので、かぎられた時間内でのヨガとなれば、早朝、就寝前などでの実施がいいのかもしれません。

そんな場合は、DVD付きのヨガ本を購入し、一緒に実践してみる方法もあります。せめて1週間に1度はヨガ教室でしっかりとフォームと呼吸法を学びつつ、残りの日は、自宅でのヨガという組みあわせも継続しやすいかと思います。

まずは脇汗への変化というよりも、ヨガのある毎日を楽しむ意識で半年間を目標にヨガを始めてみてください。

ヨガによる脇汗改善効果は実感しにくい!だからこそ「あの」アイテムも並行利用しよう!

脇汗ケアとしてヨガを始める人の多くは、中々変化が実感できず苛立ちを感じてしまうかもしれません。

しかし、ヨガは継続すればするほど効果が実感できる優れたエクササイズですので、近くにある目標よりも、大きな視野で考えることが大切です。

そのためには、ヨガを実践中に気になる脇汗をしっかりとケアできる優れた「あれ」の活用がおすすめです。

私がこれまで試してきた数多くのデオドラントの中から一押しの「デトランスα」です。

デトランスαの魅力につい て詳しく知りたい人は、ぜひ「」をご覧ください。

ヨガとデトランスαのダブル使いで、半年後には、今よりも幸せいっぱいの毎日が待っていることでしょう。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku