ウォーキングで脇汗体質を改善しよう

ウォーキングで脇汗体質を改善しよう

朝晩の気温が非常に低くなる季節であっても、脇汗に悩まされる人にとっては、毎日気が抜けません。

手足は冷え冷えであるにも関わらず、脇の下はジメジメ、べっとりが当たり前ですし、休みの日に自宅で過ごすにしても脇汗によるニオイも若干気になるという人も多いかと思います。

一年の中でも特に脇汗によるトラブルが若干軽減されるこの時期からぜひ初めて欲しいのが、脇汗体質改善へ向けた取り組みです。

中でもウォーキングは、脇汗体質を改善するだけでなく、その他の魅力もありますので、おすすめです。

脇汗体質=トラブル続き!?

脇汗体質は、残念ながらにその他の人とは違った苦労を強いられています。

単に脇の下がジメジメするだけでなく、脇汗によるニオイも問題となるからです。

普段から自分の体臭や汗臭いニオイに敏感な一人であったとしても、脇汗体質であるというだけで、一日を通しこまめに脇の下をケアしなければならず、精神的にもストレスが続くということもあるかと思います。

脇汗体質は、生まれながらの体質ですので、ゼロにすることはできませんが、毎日の生活習慣を改善していけば、今よりも脇汗によるトラブルから解放されるものです。

脇汗体質の原因はどこにある?

体質は、生まれながらに持ち合わせているものですが、生活習慣の変化に伴い現れ方が急激に激しくなってしまうこともあります。

特に脇汗体質の場合は、食生活での変化や運動不足といった誰もが陥りやすい生活習慣に影響を受け、突如激しく脇汗が出てしまうということもあります。

生活習慣というくくりで脇汗体質の原因を説明するとなると、正確に言及することは難しいですが、おおよそ、運動不足、肉中心の食事、発汗機能の低下などが考えられます。

特に肉を好んで食べる人の場合、脇汗体質の量とは違い、脇汗によるニオイが急に激臭化してしまうこともありますので、注意が必要です。

私たち日本人は、外国に比べ体臭やニオイに非常に敏感な国民性を持っていますので、自分でも気がつかない内に、脇汗のニオイがくさい人というレッテルを貼られてしまっては、安心して仕事にも通えません。

また、発汗機能の低下は、運動不足であったり、一年中エアコンのある快適な オフィスで過ごすことで、汗を出すという機能そのものが衰えてしまう状態ですので、そのままの生活を続けていれば、今よりもトラブルが悪化してしまう可能性もあります。

ウォーキングの魅力

自動車の普及、デスクワークに、コール業務、快適なオフィスに囲まれて働ける現代人の多くは、慢性的な運動不足に陥ってしまっています。

そのため、通勤時などを利用して可能な限りウォーキングを取り入れる人たちが増えています。

ウォーキングの魅力は、誰でも手軽に始められる点にあります。

例えば、今日からウォーキングを始めようと決意すれば、会社帰り、学校からの帰宅途中、習い事までに空いた時間を使い近くを散歩するだけでもウォーキングが始められます。

特にウォー キング専用のシューズを購入し、歩き方を意識しながらこまめにウォーキングを実践するだけで、普段は使われていない下半身の筋肉を刺激し、じんわりと汗を感じることもできます。

また、足腰に問題がない人なら、疲れない程度に30分、1時間と時間を決めて継続できる点でも続けやすいです。

また、普段から運動習慣のない人が急にジョギングやランニングといった激しい運動を始めると、足への負担から痛めてしまう可能性もあるのですが、ウォーキングは、その点年齢にまったく関係なく始められるという魅力もあります。

その日の気分にあわせ、近所を散歩というウォーキングから、がっつり二駅分をウォーキング、気の合う仲間と公園を散歩しながらのウォーキングに、休日にウインドウ ショッピングを楽しみながらこっそりとウォーキングなど、基本的に足を使って移動する私たちにとっては、ウォーキングが必要なシーンがいくつもあり、身近にあるからこそ、魅力的であるといえます。

ウォーキングに期待できる脇汗体質改善とは?

ダイエット、筋力アップなど、様々な効果が期待できるウォーキングですが、脇汗体質に期待できる改善とは、どのような関係があるのでしょうか?

第一に、脇汗の原因が、運動不足にある場合は、ウォーキングを長く続けることで必然的に改善されていきますので、脇汗体質そのものが改善されることが期待できます。

また、これまでの食生活などが原因となり太ってしまい、脇汗体質が急激に激しくなってしまったという人なら、ウォーキングを継続することで、今までよりも確実にカロリー消費が高まりますので、溜め込みにくい体つくりが可能になります。

太りすぎの人は代謝も悪く、脇汗の質も悪くなってしまいがちですが、ウォーキングをすることで、溜め込んだ脂肪を減らす効果も期待できますので、気がつけば、ダイエットにもつながりながら脇汗体質も改善されているという夢のような日々が手に入るかもしれません。

そもそも脇汗体質の人は、汗を上手にかけずに、ニオイも激臭化してしまうことが考えられますが、有酸素運動を継続することで、汗をかくという機能が本来の働きを取り戻していきますので、誰でも手軽に始められる有酸素運動でもあるウォーキングは、毎日の生活にぜひとも取り入れて欲しいと思います。

体質改善は毎日の継続が大切

ウォーキングで脇汗体質の改善を目指すなら、大前提として、継続する意思が必要です。

1,2週間程度の継続ではなく、3ヶ月から半年間は、少なくとも続けるつもりで始めなければ、ウォーキングによる脇汗体質の改善はまったく期待できないです。

そのため、途中で脇汗によるニオイやジメジメトラブルから中々開放されず、途中で挫折してしまいそうになることもあるかと思います。

しかし、あくまで体質を改善する目的で始めるウォーキングだからこそ、まずは3ヶ月、毎日とは言いませんが、月に数回は、がっつりとウォーキングするプランニングで始めて欲しいと思います。

その際には、当初の目的でもある脇汗体質改善を初めからケアできるデトランスαを使用していれば、ウォーキング中の脇汗を気にせず楽しめるかと思いますので、ぜひお試しください。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku