リュックを背負うあなたの脇汗を解消

リュックを背負うあなたの脇汗を解消

夏になると積極的にアウトドアに参加したくなることってありませんか?平日には快適な温度のエアコンが聞いたオフィス内で長時間仕事をするために、どうしても体もなまってしまいがちです。

しかも職業がら一日中イスに座っての仕事として、デスクワークをしている人にとっては、ますます汗をかく習慣が遠のいてしまいますので、週末には太陽の光や大自然の中で思い切りストレス発散ができるアウトドアを満期したいものです。

そんな夏場のアウトドアを満喫する上では、どうしても身軽な格好が必要になります。特に両手の自由を確保できるリュックは、アウトドアの必需品となるのですが、実はリュックを背負うことで気にある点が・・・。

それは、脇汗です。通常気温が高い外にいるときの脇汗は、それほど問題ないのですが、快適な温度のオフィス内にいるときの脇汗は、ちょっと問題ありかもしれません。

リュックを背負う機会が増える夏だからこそ、脇汗ケアを徹底したいものです。

こんな経験はありませんか?

ハワイ発祥のスタンドアップパドルサーフィン(SUP)で海の上を散歩できるアウトドアは、夏に楽しめるアクティビティーですが、リュックを背負っているような脇部分にあるヒモに脇汗がしみ込んでしまう・・・。

夏だからこそ楽しめる!夏フェスへの参加でリュックを背負っていたら、脇汗が異常にリュックにシミつきを起こしてしまった・・・。

自然の神秘を肌で感じることができる洞窟探検に参加したが、奥に進めば進むほど湿気や気温の変化で、リュック脇部分から独特のニオイが漂ってしまい、洞窟内を満喫することができなかった・・・。

これらの経験があるという人は、通常の脇汗とは違った脇汗に悩まされた結果であると言えます。通常とは違うというのは、つまり多汗症です。

多汗症は、生まれ持った体質のひとつですので、夏になったからといって特別に脇汗の量が増加したわけではありません。

また、初めて参加する夏のアウトドアにワクワクしすぎて脇汗の量が増えたとも考えにくいです。

夏に限らずアウトドアを楽しむ上ではリュックを背負うことで、身軽に行動できるものですが、もしも脇汗の量が通常よりも多いという人は、ぜひ脇汗を解消できる対策の実践がおすすめです。

夏場は特に脇汗がひどくなる時期・・・

一年の中でも特に夏場は、朝晩の時間帯にも気温が高くなるため、特にアウトドアを楽しむなら脇汗対策が必要になります。

洞窟探検や、大自然の絶景を見るためにリュックを背負っての山登り、サイクリングでリュックを使用する人でも、まずは夏という季節をしっかりと認識しておくことが大切です。

夏は一日中汗が出て当たり前!これが、実は夏場にリュックを背負うあなたの脇汗を解消してくれる基本となります。

一見当たり前のことなのですが、アウトドアを満喫する当日になりあわてて脇汗ケアをしても後の祭りです。

特に脇汗の利用がひどいという人は、アウトドアに参加する前、リュックを背負う前に徹底した脇汗ケアをしてください。

ビジネスマン×リュックが主流!

最近では、スーツ姿のビジネスマンがリュックを背負っている風景をよく目にするのですが、スーツにリュックの組み合わせは、意外と「できる男」を象徴している傾向もあります。

仕事ができるから、両手がいつでも自由に使えるリュックを背負って、出勤途中にもスマホを片手に仕事をする姿は、世の女性たちが憧れのまなざしを一心にむけているイメージがしませんか?

仕事ができるから、普段はオフィスにこもりっきりで、なまった体を動かす意味でも自転車通勤を意識するビジネスマンも増えています。

流行は仕事にもリュックという形で進んでいるのですが、特にデザインや収納なども含め「サムソナイト」や「TUMI(トゥミ)」といったブランドからもフォーマルなタイプのリュックが発売されています。

しかし脇汗が日頃から気になる男性にとっては、リュックを背負って平日の出勤を問題なく過ごすには、少し無理があります。

通勤時間にリュックを背負って自転車をこいでいるだけでも、脇汗だけでなく全身から汗が出るのですが、問題となるのは、出勤後にリュックをおろした時に起こります。

ビジネスマンむけのリュックの色は大抵「黒」ですが、黒は脇汗のシミ付きが一番目立つ色でもあります。

脇汗がじんわりとしみ込んだリュックの紐部分は、月曜よりも火曜、火曜よりも水曜と、日を追う毎に確実に白い脇汗のシミが目立ち始めます。

さらにリュックの紐部分のシミ付きだけでなく、毎日脇汗がじんわりと染み込むことにより、やがてはニオイの問題も発生してしまいます。

スーツをかっこよく着こなす上で重要なアイテムとなるリュックですが、脇汗を徹底的に予防できる取り組みをしなければかっこいいビジネスマンを目指すことはできません。

女性もリュック派が増えている!

男性だけでなく、実は女性たちの間でも通勤時や外出時にリュックを持つ人たちが増えています。

リュックは、両手が自由になるため、特にいつも荷物が多いママたちの間でも人気が集まっています。

特に最近注目を集めているのはがまぐちタイプのリュックです。がまぐち財布のように大きく開く口が特徴で、フルオープンになる口には何でも好きなものを入れることができます。

それでいて口を閉めるとシャープな形になりますので、リュックとしても持ち運びしやすい点で、各メーカーからもがまぐちタイプのリュックが発売されています。

通勤時だけでなく、外出時にもリュックを背負う女性の中にも、脇汗による悩みを抱えている可能性があります。

一日リュックを背負って外を歩き回っただけで、帰宅後にはお気に入りのリュックの紐部分から脇汗のニオイがかすかに感じ取れる。

リュックは、洋服とは違い毎日洗濯できるものではありませんし、リュックの紐部分のみを取り外して洗うこともできません。

これでは、せっかく流行のスタイルとしてリュックを購入したくても中々踏み切れません。

リュックをこよなく愛する人にとって脇汗は大敵!

便利に使えるリュックですが、やはり脇汗に悩む人にとっては男性でも女性でもリュックを利用する前には徹底した脇汗ケアを見つけておくべきです。

可能であればリュックに脇汗がシミ付いてしまった段階で洗濯することが脇汗によるニオイを軽減させるには理想的ですが、リュックは頻繁に洗濯するものではありません。

洗濯の回数分だけ色落ちの可能性もありますし、リュックの生地は、洋服とは違い洗濯の際にも特別な配慮も必要なものもあります。

脇汗の原因が多汗症であってもワキガであってもまずは脇汗対策を徹底することが重要となります。

その点私がおすすめしているデトランスαなら、リュックでも安心の効果を実感できるすぐれたデオドラントとなりますのでおすすめです。

リュックと脇汗に悩むならコレを使いましょう

これから頻繁にリュックを背負ってのアウトドアに参加する予定があるという人は、ぜひとも私がおすすめするデオドラント商品を使ってみて欲しいと思います。

脇汗の量が通常の人よりも多いと実感できている人なら、私が大絶賛するデトランスαを一度使ってみてください。

このデトランスαは、驚くべきことに脇汗に悩む人専用に開発されたデオドラント商品です。

専用のデオドラント商品だからこそ、期待できる脇汗抑制効果は、実際に使用した人しか分かりません。

特に夏のアウトドアに参加することで、ストレス発散と運動不足解消が期待できるのですが、脇汗への心配を抱えることなく心行くまで楽しむためにも、今から使い方をマスターしておいて損はありません。

興味のある人は、ぜひ一度お試しください。もちろん実際にリュックを背負って一日過ごしてみるのもおすすめです。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。