外国人と日本人が持つワキガ意識の違い

外国人と日本人が持つワキガ意識の違い

ワキガは、日常生活におけるマイナス要素です。そう考える日本人は多いことでしょう。

しかし、日本を離れ異国の地に目を向けてみると、意外とワキガの悩みを抱える人は少ないようです。

日本は外国に比べるとワキガの人口比率が高いのでしょうか?その実態に迫ってみます。

毎日脇汗によるワキガに悩まされている人なら、目からうろこ!の豆知識となるかと思いますので、ぜひご覧ください。

外国でワキガ体質の人は少ない?

生まれ持った体質により、10代を過ぎた辺りから独特のニオイを放つようことになるワキガ・・・。

実は日本人よりも外国人の方がワキガ比率が大きいことが分かっています。

黒人の場合は、ほぼ100%がワキガ体質であると言われていますし、欧米人も全体の約80%はワキガ体質であると言われています。これに比べると、日本人の場合は、全体の約10%程度しかワキガ体質ではないと言われています。

このことからも、実はワキガ臭に悩まされるのは、日本人よりも外国人の方が多いことが分かります。

なぜワキガに悩まされる人が少ないの?

日本よりもワキガ体質の人口比率が多い外国ですが、意外にもワキガ臭に悩む人は少ないと言われています。その理由は、国民性が大きく関係していると言われています。

日本人の場合、元々ニオイに敏感な傾向があります。

また、外国と比べてみても、潔癖症の傾向があると言われていますし、さらに自分だけが目立つことを極端に嫌う風習があるために、他の人とは違う臭いニオイを恥じるという習慣が関係しているのではないかと言えるでしょう。

一方で、外国においては、体臭よりも逆にオーラルケアを重視する風習があります。常に口臭に対し徹底したケアをする傾向があるため、日本人に比べるとワキガ臭に悩むという人も少ないことが伺えます。

外国製のデオドラント商品ならこんな魅力があります!

日本よりもワキガ比率が多い外国で販売されているデオドラント商品は、種類が非常に豊富です。

脇汗を抑制するタイプから、香りがプラスされたタイプなど、外国のデオドラントコーナーには、様々なタイプのデオドラント商品が陳列されている光景を目にすることができるようです。

そんな外国で開発されたデオドラント商品なら、日本製よりもさらにワキガ臭に効く!効果が期待できると言えるでしょう。

日本よりもワキガ人口が多い外国なら、より効果の高いデオドラント商品を開発することで売り上げアップが期待できることもありますし、外国では教育の一環としてデオドラント商品の使用が積極的に取り入れられているとも言われていますので、どれほどデオドラント商品の開発に力を入れているかが伺えます。

そんな外国製のデオドラント商品は、脇汗を抑える成分が有名です。また、体臭への対策として、いい匂いの香料が強めに含有されていることも特徴のひとつではないかと思います。

外国製のデオドラント商品の中から厳選品をご紹介

その中でも私自身使用し、絶大な効果を実感しているデオドラント商品は、「デトランスα」です。

これはオランダで開発された脇汗用のデオドラント商品なのですが、これまで日本製のデオドラント商品を試した経験から言っても、効果が全然違います。

デオドラント商品の中にもクリームタイプ、スプレータイプなどがある中でデトランスαは、片手で使用できるロールオンタイプですので、着替え時にさっとワキに塗ることができます。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。