脇の黄ばみを落とすには界面活性剤が入っている洗濯洗剤を選ぼう

脇の黄ばみを落とすには界面活性剤が入っている洗濯洗剤を選ぼう

日本人は、世界的に見ても「ニオイ」に非常に敏感な民族であると言われています。

脇汗によるニオイトラブルやワキガによる悪臭トラブルも、同じ程度の脇汗を出す人が日本で過ごすときと外国で過ごすときでは、ストレスを感じる度合いも異なるといわれています。

これは、ニオイに対する認識の違いが関係していることが想像できます。

といっても現時点で日本人として生まれ、日本という国で過ごす間は、脇汗によるニオイや洋服の黄ばみをすぐに対処できる方法を身につけることが重要となります。

そこで今回は、しつこい脇汗のシミ付き、黄ばみを落とす際に有効となる界面活性剤入りの洗剤が持つ魅力について説明します。

エチケットを大切にする日本人として、脇汗によるニオイトラブルやストレスを軽減させる意味でもぜひ試してみてください。

脇汗の黄ばみはしつこい!

お気に入りの洋服のワキ部分にのみシミ付きが確認される。これは毎日おしゃれを楽しみたい人にとっては非常に大きな問題です。

特に脇部分にシミ付きがあるということは、もしかしたら外出中思わず腕を上げたときに誰かに脇部分を見られてしまっている可能性もありますし、ましてや満員電車内でつり革につかまることも躊躇してしまいかねません。

しかし、多汗症による脇汗やワキガによる脇部分へのシミ付きや黄ばみは、普段洗濯機で洗うだけでは落とすことは到底無理です。

脇汗の黄ばみは、多汗症やワキガの人が特に多く持っているアポクリン汗腺からでる「リポフスチン」という色素となりますので、通常の洗濯石鹸だけでは落とすことができません。

しかも、何度もくり返して「リポフスチン」がシミ付いてしまえば、洗濯したての洋服でも若干くさいニオイがすることもありますので、早めに界面活性剤入りの洗剤で特別なケアをすることが必要となります。

界面活性剤が持つ驚くべき特徴

界面活性剤はなぜ脇の黄ばみ落としに有効となるのでしょうか?

それは、界面活性剤が持つ驚くべき特徴が関係しているといえます。

界面活性剤は、粒子状になった油を包み込み、水中に放出する作用があります。これは、皮脂分解酵素による効果のひとつです。

また、脇汗による黄ばみとなる汚れを洋服の繊維からはがしてくれる作用もあります。一度繊維から離れた黄ばみは、驚くべきことに界面活性剤が持つ作用により再び付着することはありません。

そのため、一度脇汗による黄ばみを洋服の繊維の中から切り離してくれる界面活性剤入りの洗剤を意識的に使用することで、脇汗のシミ付きやニオイトラブルを解消できるということになります。

この優れた作用を持つ界面活性剤は、洗濯洗剤以外にも化粧品や食品にも利用される身近な存在です。今後は、脇汗の黄ばみが気になるなら、界面活性剤入りの洗剤を試してみてください。

界面活性剤入りの洗剤以外にもおすすめ

例えば界面活性剤入りの洗剤を見つけられないという人は、重曹や酸素系漂白剤と50度くらいのお湯を準備すれば脇汗による黄ばみ落としが可能です。

主婦にとって身近な存在でもある重曹は、弱アルカリ性の性質により掃除やニオイとりとしても利用されるのですが、脇汗の黄ばみにも重曹を使う方法や熱めのお湯と酸素系漂白剤を組み合わせた方法などもありますので、脇汗による黄ばみが気になる人は、一度試してみてください。

界面活性剤の洗剤は3種類!

界面活性剤入りの洗剤は、以下の3つ種類がありますので、自分が使いやすいものを選んでください。洗剤の裏面にある成分表示を確認すれば、界面活性剤入りかどうかが分かります。

  • 純石けん分・脂肪酸ナトリウムといった「石鹸系」
  • アルキルエーテル硫酸エステル塩や直鎖アルキルベンゼンナトリウムという記載ありの「陰イオン系」
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテルといった表記のある「非イオン系」

界面活性剤入りの洗剤で洗った後は

界面活性剤入りの洗剤を使い黄ばみが気になる洋服をしっかりと洗った後は、再び脇汗による黄ばみが付着してしまわないためにも、デトランスαを使い脇汗ケアをすることも忘れないでください。

デトランスαは脇汗に悩む人の多くが注目する優れたデオドラントです。

日本人よりも脇汗によるシミつきのレベルが高い外国人むけのデトランスαだからこそ、一度使用しただけでその他のデオドラント商品とは違った効果を実感できるかと思います。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。