脇汗の人が服にかけるお金を劇的に減らす方法

脇汗の人が服にかけるお金を劇的に減らす方法
[st-kaiwa1]脇汗はきちんとケアしないとベタツキやニオイが気になっちゃうんだよね。仕方のない出費だよね。[/st-kaiwa1] [st-kaiwa2]そんなことないよ。たった1本で、その他のケアは不要なデオドラント製品もあるんだよ。[/st-kaiwa2]

脇汗に悩む人は、やっと探し当てたデオドラントを使い、洗濯方法なども工夫してニオイやシミつきに対処していることでしょう。

しかし、これらを総合的に考えてみると、非常に無駄な出費が多いことが分かります。コンプレックスを解消するためとあきらめる前に、これらの無駄を一挙に省けるデオドラント製品の使用をぜひ検討してくださいね。

脇汗が気になる人に共通する現象

通常の人とは異なり、脇汗に悩む人は少なからずこんな現象を経験していることでしょう。

お気に入りの服ほど脇部分のシミツキが気になる。これは、脇汗に悩む人だからこそ一度は経験する現象です。

もちろん汗ジミは、シミ落としという特別な方法でケアすれば、お気に入りの服をある程度は長持ちさせることができます。

今は男性も女性も手ごろな価格で洋服が購入できますが、お気に入りとなれば、できる限り長く愛用したいのが本音ですよね。

脇汗は、早めにケアすれば、若干のシミツキならすぐに取り除くことができるので、一見それほど問題はないように思えます。

脇汗パットを使っているため脇部分のみ若干生地が薄くなっている。脇汗が気になる人にとって画期的なグッズのひとつが脇汗パットです。

これは、使い捨てタイプであれば、毎回新しいパットが使えるため清潔ですし、問題となる脇汗をダイレクトに吸い取ってくれるという魅力がありますが、別の目線で考えてみると毎日使用する枚数×日数分は予め不足しないために準備が必要です。

しかも、毎回使用する度に脇の同じ場所に粘着テープをつける必要があるため、使えば使うほどに洋服の脇部分に若干のダメージが起こってしまう可能性があります。

手軽に使え、意外と脇汗のニオイを抑えてくれるクリームタイプのデオドラントは、毎日こまめに脇に塗っているためか、一日使用した洋服の脇部分に若干クリームらしきものが付着することがある。

脇汗やワキガに悩む人は、自分が使いやすく意外と効果の高いデオドラントを活用しているかと思います。

中でもクリームタイプを使用しているという人は、肌に優しいはずのクリームがそのまま洋服についてしまっても仕方ありません。

液状タイプのデオドラントならそれほど衣服への付着は問題ありませんが、クリームタイプは滑らかな特質上どうしても周辺にある何かについてしまっても仕方ありません。

もうこんな無駄、やめませんか?

脇汗、ワキガをケアするために、様々な取り組みがありますが、脇汗パットや衣服へのシミつきといった問題を一つ一つ解決していけば、十分に脇汗対策が取れていると思いますか?

答えはNOです。なぜなら全てはお金の無駄につながるからです。

本当に効果の高い脇汗対策を取り入れることで、これらすべてから開放されると聞けば、全てが無駄だと理解いただけることでしょう。あなたが毎日実践しているこれらの無駄、いくつ当てはまりますでしょうか。

酸素系漂白剤の大量使用

地球にも優しいけれど..重曹の大量使いです。

洋服についてしまった脇汗によるシミ。特別な方法を毎回の洗濯前に実践するだけで驚くほどシミを落とすことができます。

まずは酸素系の漂白剤で直接脇部分を付け込み、その後洗濯機で通常通りに洗濯していきます。

それでも落ちないシミなら、さらに酸素系漂白剤と重曹のW使いで決まりです。

酸素系漂白剤と重曹を溶かした水にそのままシミが気になる脇部分の洋服を付け込み、30分以上もしくは一晩経過した後に通常通り洗濯機で洗う方法なら、毎回シミつきが気になる場合でも十分にきれいにすることができます。

しかし、これらの方法は、すべてお金だけでなく時間も無駄にしていることになります。

脇のシミツキで洋服の買い替え

今はある程度手ごろな値段でもおしゃれな洋服を購入することができるのですが、とはいえ脇汗が気にならない通常の人に比べると定期的に買い替えが必要となると、購入費だけでも随分な出費になってしまいます。

もちろん新しい服が欲しいという人なら、特に問題ありませんが、脇汗が原因で服を買い替えるというのは、無駄でしかありません。

専用石鹸で脇を入念に洗う

ワキガが気になる人は、毎晩のお風呂でワキガ専用の石鹸を使い入念に洗うという手間が必要になります。

そうすることで、一日の汚れをきれいに落とすという目的があり、特にニオイが気になるワキガ体質の人にとって優れたケア方法になります。

しかし、定期的に石鹸を購入するとなると、それだけで無駄な出費が発生することになります。

使い捨てで清潔だけど、汗取りパットは意外と大量に必要

毎回使い捨てで使用できる汗取りパットは、まとめ買いでお得に購入しているという人もいるかもしれません。

一年中脇汗ケアが必要だからこそ、洋服へのシミツキを予防するなら仕方のない出費だとしても、一年間分として考えてみてください。どれだけ無駄なお金が出ているかが分かります

発想の大転換!『脇汗は出さない』を目指そう!

脇汗に悩むあなたにぜひ知って欲しいのが、「脇汗は出さなければいい」という別目線での考え方です。

汗拭きシートでこまめに汗を拭き取り、サラサラ快適な脇を手にするために好みの香りのスプレータイプを拭きかけた後、消臭効果のあるデオドラントをさらに使うという方法で、毎日毎日朝のしたくどき、外出中もこまめにケアしているという人は、もちろん一般的な脇汗対策になりますので、間違いではありません。

しかし、それでも尚、お気に入りの服ほど脇部分のシミツキが気になり、酸素系漂白剤や重曹を使い脇部分のみを前日から付け込むといった特別な方法でケアしているといなら、脇汗そのものを抑えるという点に注目して欲しいです。

ワキガも局所多汗症も通常よりも脇汗が出やすいという特徴があるため、そんなこと無理でしょ!とあきらめるのはまだ早いです。

日本製とは違い医療大国のデンマークで開発されたデトランスαなら、そんな夢のような脇汗を出さないというケアが目指せるのです。

デトランスαの特徴については、ぜひ「「デトランスα」脇汗商品の中でもダントツ!驚きの効果が!」をご覧になってください。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku