ハロウィンでコスプレするための脇汗対策

ハロウィンでコスプレするための脇汗対策 

いよいよ今年もやってくるハロウィン!

日本には中々見られない欧米風のコスプレも思い切り楽しめるハロウィンですが、脇汗に悩む人なら、コスプレを楽しむにしても特別なケアが必要です。

ハロウィンのコスプレに関する情報をご紹介しますので、脇汗に悩む人もそうでない人も参考にしてください。

ハロウィンコスプレは日本でも恒例行事!

学生から大人までハロウィンイベントで行われる仮装コンテストは、今や10月末に開催される恒例行事です。ハロウィンの起源は、古代ケルト人が行っていた宗教的な行事にあるといわれています。

古代ケルト人にとって10月末は大晦日にあたる特別な日です。

ハロウィン当日に当たる大晦日には、この世とあの世の扉が開かれ、死者に混じって魔女や魔物たちもやってくる。生きている人間は、自分の魂を奪われないために人間であることを隠す意味から仮装が始まったと考えられています。

なるほどハロウィンの仮装にゾンビや魔女が多い理由が分かります。

ハロウィンコスプレのテクニックをご紹介!

今年は傍観者としてではなく自分もコスプレをしてハロウィンイベントに参加したい!という人に参考にして欲しいテクニックをご紹介します。

手軽派からこだわり派まであらゆるコスプレ方法がありますので、興味のある方法で挑戦してみてください。

ワンポイント派向け

今年のハロウィンは、惜しくも平日月曜日のため、多くの人は通常通り朝から一日仕事です。

しかし一年にたった一度しかないハロウィンイベントには絶対参加してたい!そんなあなたには、仕事帰りも手軽にハロウィンのコスプレを可能にするワンポイントのアイテムを使った方法をご紹介します。

100円均一ショップでも販売されているカチューシャタイプ・ピンタイプの仮装グッズを事前に準備しておけば、仕事終わりにメイクを直しながらあっという間にハロウィン用のコスプレが完成です。

黒い帽子が目印の魔女スタイルも、かぶるだけ。美しくも怪しい魔女なら赤が特徴的な角つきのカチューシャを利用すれば、すぐにハロウィン気分を満喫できます。

安くで手に入るこれらのおワンポイントアイテムは、保育園や小学校のハロウィンイベント前に購入者が殺到することも予測され、シーズンよりもずいぶん前に売切れてしまう可能性がありますので、お早目の入手をおすすめします。

衣装まで準備派向け

仕事は午後から有給をもらい、少し時間をかけハロウィンイベントに向けた準備をする人なら、ワンポイントアイテムと共に、衣装もハロウィン向けがおすすめです。

ハロウィンといえば、ミニスカートの魔女、ゾンビや看護師衣装などが有名ですが、これならの衣装を事前に購入しておけば、ハロウィンイベントの会場に行く前に着替えるだけですぐにハロウィンモード全開になりますので、もりあがること間違いなしです。

特に友人と一緒にイベント参加をする人たちは、同じ衣装で合わせることが多いので、自分たちなりのオリジナリティーを出すことも可能です。

メイクまで本格派向け

ハロウィンに開催される仮装コンテストで優勝を目指すほど力が入っている人なら、衣装だけでなくメイクも本格的です。特殊メイクで顔や全身に傷を入れたり、カラコンを利用し、目元にも異様な雰囲気をプラスすれば、まるで映画のスクリーンから出てきたような恐ろしいコスプレが完成です。

今なお人気が高いハリーポッターの衣装や、スターウォーズのコスプレを複数名のグループで挑戦する人たち、ハロウィンのイメージとはまったく異なったディズニープリンセスやユニバーサル映画のキャラクターに変身することも自由です。

ハロウィンイベントが、日本でも盛り上がる今だからこそ、今年は思い切りハロウィン用のコスプレで楽しんでみてはいかがでしょうか?

多汗症・ワキガの人が意識するべきポイント!

ハロウィンイベントでのコスプレを満喫する意味でも、多汗症やワキガの人は、脇汗を事前に徹底ケアすることが非常に重要です。

まだまだ日中の気温が高い日が続く季節は、ハロウィンイベントの会場で盛り上がる熱気を感じながら気がつけば脇汗が衣装にべっとりという状態も十分に起こりうるからこそ、まずは脇汗に優れた効果を発揮してくれるデトランスαで脇汗ケアを徹底してください。

デトランスαがあれば、衣装まで準備派でもメイクまで本格派でも、脇汗を気にすることなくハロウィンコスプレが楽しめます。

この記事を書いた人

wakiase_taisaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。